SSブログ
水道事業 ブログトップ
前の15件 | -

かずさ水道広域連合企業団・水道料金値上げ 2 [水道事業]

 昨日お知らせしました日程ですが、笹生議員は日程を見やすい形でも提示されていますので、その部分も紹介します.                         kawakami


水道料金値上げ日程1.PNG


水道料金値上げ日程2.PNG





nice!(0)  コメント(0) 

命の水の料金は? [水道事業]

 岩井の山の井さんから、千葉県各自治体の水道料金の試算額が送られてきました。各市によって、ずいぶんと違いがあるようです。ご覧ください。なお山ノ井さんのホームページから転載させていただいたものです。                        kawakami

 一ヶ月に20立方メートルを使用した料金試算

県営水道・市原市・・・・・基本418円で2688円
四街道市・・・・・・・・・基本330円で2310円
山武市の旧山武町地区・・・基本320円で3920円

館山市・南房総市・・・・・基本810円で4000円
鴨川市・・・・・・・・・・基本1661円で4600円
鋸南町・・・・・・・・・・基本1896円で5000円

かずさ水道
袖ヶ浦→・・・・・・・・・基本1265円で4085円
木更津→・・・・・・・・・基本1980円で4060円
君津→・・・・・・・・・・基本1980円で4620円
富津→・・・・・・・・・・基本2750円で4510円

解説
 水道料金は基本と、実際に使用した数値に一定数を乗じたもの=従量料金=を算出します。しかし、基本料金に一定利用した分を込みにしたり、別途、メーター使用料を加算したり、使用した数値に一定数を乗じる数字も10または20立方メートル事に数字が加算するなど、市町村によって違いがあり複雑です。
 まずは数字を知ることと、その上でその先の水道施策をどうしていくか考えるきっかけになればと思います。

nice!(0)  コメント(0) 

水道議会傍聴記 [水道事業]

水道企業団議会傍聴記 関  巖
 2月15日午後かずさ水道広域連合企業団の議会があって傍聴に行ってきました。木更津市新田にある旧かずさ水道企業団の建物内で午後2時から4時までの2時間、テレビ中継の傍聴でした。木更津、君津からの人と合わせて4名の傍聴がありました。
 この議会は4市の各議会からの議員12名と千葉県からの議員1名の計13名で構成され年2回開かれます。今回は①今年度補正予算、②来年度予算、③水道料金未収納の債権放棄の3件でした。手元には全く資料がなく、予算関連は口頭の説明を聞いてもほとんど内容は理解できませんでした。③は水道利用者が引っ越しなどでいなくなり水道料金を集金できなく、5年が経過して時効となったものを議会で承認するものです。5年前までのものなので、水道が統合する前の各市の合計で532人、395万円の未収納がありました。この中で 木更津市302人、君津市179人、袖ケ浦市36人、富津市15人と市によって随分と差があります。合併前の各市の水道部の取り組みの違いが現れています。袖ケ浦市は水道部が良く取り組んでいたと思います。
 予算案については中身がほとんどわからなかったが、活発に発言している議員とそうでない議員がいました。4市選出の12名の議員のなかで発言した議員は、木更津市4名中4名、君津市3名中2名、富津市2名中2名、袖ケ浦市は佐藤麗子、村田稔、笹生猛の3氏が出ていて佐藤氏は議長を勤めていましたが他の2名の発言はなしでした。他の市は君津市で1名発言しなかった議員がいましたが、他の議員は全員発言していたので袖ケ浦市選出の議員の発言なしが際立っていました。

nice!(0)  コメント(0) 

かずさ広域水道連合企業団議会でとんでもないことが・・ [水道事業]

 下図さ広域水道連合企業団の議会が開催されました。とんでもない議会を無視した運営が見え隠れしてきました。傍聴記を読んでください。 kawakami

 本日、(11月8日)かずさ広域水道連合企業団の議会を傍聴しました。
R2年度の会計説明のなかで企業団事務局の千葉県から派遣されている松上晴彦が議会に事前に諮ることなく横浜ウオーターズと言う会社に勝手に業務委託をしていることが分かり、富津市からの水道議員石井さんが怒って食い下がったが、松上は太々しい態度で今の4市から1年や2年期間で派遣されてくる議員や職員では意思疎通に時間がかかってまとまりにくいので時間節約のために専門家に調査を依頼したと説明
 4市意見重視ではなく手っ取り早く県の考えの方向に進めようという考えで4市1県体制から1県4市体制に変え議会は追認するだけの体制に変えて行きたいと思っていることを感じました。

そして議会前にあった懇親会で横浜ウォーターズが挨拶していたとも。

●また宮城県で
https://news.yahoo.co.jp/byline/hashimotojunji/20210831-00255754
7月5日、宮城県議会は、上下水道と工業用水の運営権を、20年間、民間企業に一括売却する議案を可決した。
という民営化があり、私たち”大気と水は人権4市連絡会”で講師を呼んで学習会をしましょうという声があります。

nice!(0)  コメント(0) 

防災井戸協力の家 [水道事業]

 奈良輪のおじさんからの投稿です。 By 奈良輪

2009年に31歳5ヶ月で市議会議員であった熊谷俊人は市長に就任、
2011年の3.11大地震で非常事態でのもろさを認識したことをもとに千葉市の公共施設に太陽光発電+蓄電池を設置するだけでなく『防災井戸協力の家』という仕組みをつくり住民同士で飲料水を分け合って生き抜く仕組みを作りました。 
 
設置した井戸は2015年2月18日現在で
学校 58か所
市役所、消防署、公園など13か所
防災井戸協力の家 154か所 と書いているので今はもっと多いのでしょう

 一方、かずさ水道広域連合企業団は井戸の普及ではなく費用削減として、井戸の廃止に向かっていると聞きますが本当でしょうか?
 袖ケ浦市の危機管理課はこの状況を認識し千葉市のようにする考えはあるのでしょうか? 是非聞いてみて欲しいと思います。
 また、市議会議員がかずさ水道広域連合企業団の水道議会委員ですので、千葉市の危機管理の実績を参考に危機管理課とともに考えて井戸の再建、普及に尽力して欲しいものです。

https://www.city.chiba.jp/shisetsu/ido/index.html

ホームページから
更新日:2015年2月18日
非常用井戸等
• 新宿小学校
• 本町小学校
• 寒川小学校
• 院内小学校
• 蘇我小学校
• 都小学校
• 松ヶ丘小学校
• 川戸小学校
• 星久喜小学校
• 生浜西小学校
• 検見川小学校
• 幕張小学校
• 犢橋小学校
• 横戸小学校
• 長作小学校
• 花見川第二小学校
• 花見川第三小学校
• さつきが丘東小学校
• 上の台小学校
• 朝日ヶ丘小学校
• 宇那谷第一緑地
• 都賀小学校
• 園生小学校
• 稲丘小学校
• 弥生小学校
• 緑町小学校
• 山王小学校
• 千草台小学校
• 宮野木小学校
• 草野小学校
• 若松小学校
• 白井小学校
• 更科小学校
• 大宮小学校
• 桜木小学校
• 千城台北小学校
• 千城台南小学校
• みつわ台南小学校
• 誉田小学校
• 土気小学校
• 越智小学校
• 泉谷小学校
• 土気南小学校
• 大椎小学校
• 有吉小学校
• おゆみ野南小学校
• 幕張西小学校
• 幸町第三小学校
• 幸町小学校
• 高洲第三小学校
• 真砂第五小学校
• 高浜第一小学校
• 旧高浜第二小学校(跡施設)
• 稲浜小学校
• 打瀬小学校
• 磯辺小学校
• 高等特別支援学校
• 千葉市役所
• 消防合同庁舎
• 青葉の森公園
• 千葉公園
• 千葉公園
• 県立千葉工業高等学校
• 花見川区役所
• 一本松公園
• 稲毛消防署
• 長沼町公園
• 若葉区役所
• 小倉台公園
• 緑消防署
• 美浜消防署
• 防災井戸協力の家(中央区都町4-1)
• 防災井戸協力の家(中央区都町2-23-6)
• 防災井戸協力の家(中央区星久喜町759-9)
• 防災井戸協力の家(中央区弁天3-5-4)
• 防災井戸協力の家(中央区白旗1-7-14)
• 防災井戸協力の家(中央区今井2-18-7)
• 防災井戸協力の家(中央区院内2-14-6)
• 防災井戸協力の家(中央区大森町282-154)
• 防災井戸協力の家(中央区川戸町422-1)
• 防災井戸協力の家(中央区浜野町1104)
• 防災井戸協力の家(中央区長洲2-28-16)
• 防災井戸協力の家(中央区南生実町8)
• 防災井戸協力の家(中央区星久喜町1158-5)
• 防災井戸協力の家(中央区都町3-12-2)
• 防災井戸協力の家(中央区鶴沢町21-1)
• 防災井戸協力の家(中央区稲荷町1-15-4)
• 防災井戸協力の家(中央区赤井町739-127)
• 防災井戸協力の家(中央区蘇我2-7-11)
• 防災井戸協力の家(中央区椿森6-9-5)
• 防災井戸協力の家(中央区登戸5-13-5)
• 防災井戸協力の家(中央区仁戸名町480-30)
• 防災井戸協力の家(花見川区幕張町1-7805-5)
• 防災井戸協力の家(花見川区宮野木台4-17-15)
• 防災井戸協力の家(花見川区天戸町1329-9)
• 防災井戸協力の家(花見川区幕張本郷7-34-4)
• 防災井戸協力の家(花見川区千種町237-16)
• 防災井戸協力の家(花見川区長作町2351)
• 防災井戸協力の家(花見川区犢橋町1623-9)
• 防災井戸協力の家(花見川区千種町355-39)
• 防災井戸協力の家(花見川区畑町1666)
• 防災井戸協力の家(花見川区千種町352-53)
• 防災井戸協力の家(花見川区千種町230-10)
• 防災井戸協力の家(花見川区柏井4-45-5)
• 防災井戸協力の家(花見川区柏井4-38-7)
• 防災井戸協力の家(花見川区柏井4-42-26)
• 防災井戸協力の家(花見川区検見川町1-716-1)
• 防災井戸協力の家(花見川区浪花町907-37)
• 防災井戸協力の家(花見川区横戸町1569-46)
• 防災井戸協力の家(花見川区花島町146)
• 防災井戸協力の家(花見川区幕張町6-274-1)
• 防災井戸協力の家(花見川区花園町1574-5)
• 防災井戸協力の家(花見川区幕張本郷1-18-17)
• 防災井戸協力の家(花見川区畑町1290)
• 防災井戸協力の家(花見川区武石町2-874)
• 防災井戸協力の家(稲毛区稲毛3-10-4)
• 防災井戸協力の家(稲毛区園生町1306-14)
• 防災井戸協力の家(稲毛区園生町131-4)
• 防災井戸協力の家(稲毛区長沼町173-65)
• 防災井戸協力の家(稲毛区宮野木町1158-4)
• 防災井戸協力の家(稲毛区天台5-12-25)
• 防災井戸協力の家(稲毛区天台5-13-52)
• 防災井戸協力の家(稲毛区穴川町383-3)
• 防災井戸協力の家(稲毛区天台5-24-8)
• 防災井戸協力の家(稲毛区稲毛台町21-13)
• 防災井戸協力の家(稲毛区長沼原町317-1)
• 防災井戸協力の家(稲毛区長沼町259-61)
• 防災井戸協力の家(稲毛区稲毛2-5-9)
• 防災井戸協力の家(稲毛区穴川2-8-15)
• 防災井戸協力の家(稲毛区園生町390-39)
• 防災井戸協力の家(稲毛区稲毛町5-419-2)
• 防災井戸協力の家(稲毛区宮野木町1649-9)
• 防災井戸協力の家(稲毛区小仲台8-15-1)
• 防災井戸協力の家(若葉区高根町671-1)
• 防災井戸協力の家(若葉区千城台西1-20-11)
• 防災井戸協力の家(若葉区若松台3-36-1)
• 防災井戸協力の家(若葉区小倉町875-18)
• 防災井戸協力の家(若葉区みつわ台1-12-8)
• 防災井戸協力の家(若葉区千城台北3-20-4)
• 防災井戸協力の家(若葉区大宮町2988-12)
• 防災井戸協力の家(若葉区加曽利町1779-2)
• 防災井戸協力の家(若葉区高根町854)
• 防災井戸協力の家(若葉区千城台西1-12-7)
• 防災井戸協力の家(若葉区みつわ台5-35-5)
• 防災井戸協力の家(若葉区大宮町2129-10)
• 防災井戸協力の家(若葉区若松町984-457)
• 防災井戸協力の家(若葉区若松町425-34)
• 防災井戸協力の家(若葉区北大宮台46-12)
• 防災井戸協力の家(若葉区千城台東2-18-6)
• 防災井戸協力の家(若葉区小倉台3-34-18)
• 防災井戸協力の家(若葉区大草町441-49)
• 防災井戸協力の家(若葉区金親町206-1)
• 防災井戸協力の家(若葉区みつわ台2-11-22)
• 防災井戸協力の家(若葉区みつわ台5-41-10)
• 防災井戸協力の家(若葉区中野町1007-15)
• 防災井戸協力の家(若葉区桜木1-29-5)
• 防災井戸協力の家(若葉区桜木北3-12-56)
• 防災井戸協力の家(若葉区桜木8-24-10)
• 防災井戸協力の家(若葉区桜木北2-15-9)
• 防災井戸協力の家(若葉区千城台東3-7-9)
• 防災井戸協力の家(若葉区小倉台5-16-7)
• 防災井戸協力の家(若葉区小倉町1754-9)
• 防災井戸協力の家(若葉区桜木3-8-15)
• 防災井戸協力の家(若葉区千城台北3-20-3)
• 防災井戸協力の家(若葉区小倉台5-21-9)
• 防災井戸協力の家(若葉区西都賀5-2-16-1)
• 防災井戸協力の家(若葉区貝塚町1108-15)
• 防災井戸協力の家(若葉区若松台3-34-14)
• 防災井戸協力の家(若葉区小倉台2-2-7)
• 防災井戸協力の家(若葉区千城台西3-2-5)
• 防災井戸協力の家(若葉区若松台2-25-1)
• 防災井戸協力の家(緑区おゆみ野中央3-16-11)
• 防災井戸協力の家(緑区おゆみ野南5-10-16)
• 防災井戸協力の家(緑区高田町182-2)
• 防災井戸協力の家(緑区鎌取町98-6)
• 防災井戸協力の家(緑区おゆみ野中央3-9-16)
• 防災井戸協力の家(緑区あすみが丘3-51-14)
• 防災井戸協力の家(緑区土気町1519)
• 防災井戸協力の家(緑区誉田町1-137-17)
• 防災井戸協力の家(緑区土気町1692-43)
• 防災井戸協力の家(緑区小山町173)
• 防災井戸協力の家(緑区小山町148)
• 防災井戸協力の家(緑区土気町1296-5)
• 防災井戸協力の家(緑区小山町147)
• 防災井戸協力の家(緑区小山町179)
• 防災井戸協力の家(緑区誉田町1-136-76)
• 防災井戸協力の家(緑区誉田町2-2-320)
• 防災井戸協力の家(緑区平山町469-111)
• 防災井戸協力の家(緑区平山町1922-33)
• 防災井戸協力の家(美浜区真砂1-3-13)
• 防災井戸協力の家(美浜区若葉1-4-1)
• 防災井戸協力の家(美浜区真砂1-9-13)
• 防災井戸協力の家(稲毛区萩台町693-3)
• 防災井戸協力の家(若葉区大宮町2841-1)
• 防災井戸協力の家(稲毛区作草部町1259-11)
• 防災井戸協力の家(花見川区幕張本郷3-2-14)
• 防災井戸協力の家(稲毛区稲毛東2-16-1)
• 防災井戸協力の家(花見川区花園町2443-6)
• 防災井戸協力の家(中央区大森町530-9)
• 防災井戸協力の家(中央区大森町449-64)
• 防災井戸協力の家(中央区大森町431-1)
• 防災井戸協力の家(中央区大森町514-173)
• 防災井戸協力の家(中央区大森町533-12)
• 防災井戸協力の家(中央区大森町318-5)
• 防災井戸協力の家(中央区新田町34-8)
• 防災井戸協力の家(稲毛区作草部町586-5)
• 防災井戸協力の家(中央区松ヶ丘町40-6)
• 防災井戸協力の家(中央区生実町753-22)
• 防災井戸協力の家(緑区古市場町474-331)
• 防災井戸協力の家(緑区古市場町474-309)
• 防災井戸協力の家(花見川区武石町2-937-5)
• 防災井戸協力の家(花見川区武石町2-944-18)
• 防災井戸協力の家(花見川区武石町2-937-3)
• 防災井戸協力の家(花見川区武石町2-970)
• 防災井戸協力の家(中央区松ヶ丘町57-22)
• 防災井戸協力の家(若葉区都賀1-14-7)
• 防災井戸協力の家(若葉区加曽利町1475-16)
• 防災井戸協力の家(若葉区加曽利町1474-1)
• 防災井戸協力の家(中央区大森町523)
• 防災井戸協力の家(花見川区柏井1-35-16)
• 防災井戸協力の家(若葉区加曽利町1800-47)
• 防災井戸協力の家(稲毛区山王町75-7)
• 防災井戸協力の家(中央区仁戸名町101-19)
• 防災井戸協力の家(中央区仁戸名町90-6)
• 防災井戸協力の家(中央区仁戸名町72-5)

nice!(0)  コメント(0) 

断水が続いている [水道事業]

 今日から連載が始まる予定の原稿があるのですが、このブログおなじみの山の井さんが房日新聞に投稿された131本目の記事が届きましたので…それも今どき断水が続いているというびっくりした話です。水道問題ではどうも県の縦割り行政の問題点が響いているようです。ご覧ください
 kawakami


 千葉県南部の上水道は、市町村独自の水道と、両総用水や房総導水路で利根川の水を受ける南房総広域水道企業団=以下、南水=の水でやりくりをしています。
 最近、発足したかずさ広域水道企業団のように、完全な組織統合でない点が異なります。
南水は広域行政の一部事務組合で、安房3市1町と夷隅2市2町で構成。
安房地域は、鋸南町、鴨川市、館山市と南房総市の富浦と三芳で構成する三芳水道企業団、富浦と三芳以外の南房総市の各水道事業があります。問題の小向ダムは、合併前の旧千倉町、旧丸山町、旧和田町の旧朝夷水道企業団の管轄。千倉まで南水の送水管が届いてはいますが、丸山、和田にその水が届かないのは水圧の設備が関係していると思います。

 前置きが長くなりましたが、24日に配布の南房総市の食事券よりも、今は水の確保。そして、来年で合併発足15年の南房総市の先のあり方含め、住民参加で知恵を出し合うことです。

それでは原文公開を。

 このニュースを最初に聞いた時、耳を疑いました南房総市での水道の断水問題。
少なくとも、私含め安房地域に住んでいる大半の方々は、利根川からの水を供給する南房総広域水道企業団=以下、南水=で対応できると思っているからです。ところが、千倉の一部、丸山、和田の地域がなぜ、南水がこないのか、理解に苦しみます。

 もし、このことが、すでに南房総市の合併発足前後でわかっていれば、手は打てたはずです。
聞くところによれば、学校では、すでに水道の使用を止めたことで親御さんから不満の声が。ガソリンスタンドでは、洗車のサービスがしばらくできないそうです。
さらに、千歳、南三原、和田浦の各駅のお手洗い場、病院や福祉施設、スーパーやコンビニでは、断水が現実になれば、この年末の時期にあって、かなりの影響になります。

 私の素人の考えですが。
 小向ダムにかかる三原川のさらに奥の上流は、鴨川市の曽呂。曽呂の西集会所バス停には、三原川にかかる小さな橋と鴨川市の水道管が交差しています。
 緊急に水道管を設置となると時間がかかります。この西集会所バス停付近より、鴨川市の水道を三原川に流すことで、小向ダムに注ぐことができるのではないでしょうか。
南房総市と鴨川市のあいだで、三原川に注いだ水量分を南水の受水量で相殺することで、鴨川市と相談と調整ができないでしょうか。

 南水が整備する前、当時の三芳水道と館山市営水道、鋸南町水道と富山町水道でそれぞれ、緊急の水道管をつないでいます。実際、当時の富山町は、過去2回、渇水により鋸南町の水道に助けられました。
 南水の送水管とは別に、安房4市町で緊急のための水道管接続を検討する機会ではないでしょうか。
ちなみに3年前に策定された南房総市の水道事業ビジョンには、隣接する水道企業体との水道管の接続の推進がかかれています。

 今年5月のこの場でかきましたことを。

 南房総市の方々も非常に苦労をされている。館山市の給水所や物資提供の際、取りにきていただいてもかまわない。災害対応では3市1町の縦割りの枠を取り払いたい

 昨年9月の館山市の金丸市長の発言です。あらためて安房4市町で、この文言の共有を強くお願いをいたします。
nice!(0)  コメント(0) 

「かずさ水道広域連合企業団」議会議員のブログ [水道事業]

 袖ケ浦市議会議員・笹生猛議員は、今回「かずさ水道広域連合企業団」議会議員に就任され、過日行われた議会に初参加されました。そのことについての感想がご本人のブログに掲載されています。
 ご本人の了解を得て、ここに紹介いたします。なお動画がここにはついています。
URLを記載しますので、是非開いてお聞きください。kawakami

   
今日はかすざ水道広域連合企業団の議会へ出席しました。

これは、総務企画常任委員会の委員長になったので、その“当て職”的な要素が強いと思いますが、本会議で選出されました。

袖ケ浦市議会からは

議長
建設経済常任委員会委員長
総務企画常任委員会委員長
の3名です。

広域行政と基礎自治体の議会(我々の議会)の問題は,


議長選挙での“議会の問題点1”で指摘しました。

個人的な見解の域ですが、

袖ケ浦市が関係する広域行政と袖ケ浦市議会での日常的活動と“リンクが薄い”と感じます。

この問題は解消するために、議会内での共有を進める必要がと考えます。

昨日の議会の議案は画像の通りですが、発言はできませんでした。

不勉強であることを認めて問題点を整理していきます。

◆ 動画による報告です。是非ご覧ください。
 
https://www.youtube.com/watch?v=OnXUyfjM5VI&feature=emb_logo





nice!(0)  コメント(0) 

ふたつの連絡 [水道事業]

  ふたつの連絡

① 7日(土)8日(日)と、長浦公民館で、公民館祭りはできないのですが、長浦公民館を中心に活動する市民団体の作品展示会と、各サークル紹介展が行われます。
私達の「袖ヶ浦市民が望む政策研究会」も、活動紹介を兼ねて「水は人権」展示と、今まで14年間の活動についての紹介展示をしています。良かったら是非ご覧になってください。
 そうそう、市議会議員の通信簿なども展示していますよ。

② 11月16日に「かずさ水道広域連合企業団」の、定例議会が下記会場・日程で行われます。傍聴参加されたい方はご連絡ください。

1 日時 令和2年11月16日(月) 午後2時
2 場所 木更津市新田2丁目8番17号
     かずさ水道広域連合企業団 新田庁舎3階 議場
3 傍聴について 受付開始時刻 午後1時30分
 (なお、傍聴席の定員は6人で、受付順となります。6人を超えましたら同じ3階の廊下にありますモニターの画像ごしに議会の様子を傍聴することができます。)



nice!(0)  コメント(0) 

企業団に対する質問と回答 [水道事業]

 今日からごみ問題連載とお知らせしましたが、急遽、「かずさ水道広域連合企業団」に提出していた質問に対する回答が届きましたので、ホームページ上で公開します
 ごみ問題は明日からの連載になります。       kawakami

回答文書はこちらで閲覧できます
nice!(0)  コメント(0) 

「水」は遠くなっていく [水道事業]

 「埼玉県蕨市は人口75000人、袖ケ浦市と同じくらいの自治体です。ここでは、コロナ対策として市民全員を対象に、上下水道基本料金2か月間の無料化を実施し、さらにこれを2か月間延長しています。袖ケ浦市でもこのような措置をとる意思はありませんか」

「現在水道は、かずさ水道広域連合企業団に広域化されていますので、袖ケ浦市の手を離れています。そのようなご要望は企業団の方に申し込まれることがいいと思います。」

 今議会の一般質問の市長答弁である。その企業団議会は、年に2回の定例議会があり、まともに議会と感じたのは、冒頭の平成31年3月 かずさ水道広域連合企業団議会 臨時会会議程度で、回数を追うごとに「これが議会か?」と思われるほどのレベルに落ち込んでいる現状である。袖ケ浦市議会にこのことでの参加議員からの報告がされたということは一度も聞いていない。

 過日行われた「水道審議会」第一回目の会合では、「君津地域水道事業統合広域化基本計画について」「台風15号・19号対応に関する報告書について」の議案があり、いずれも説明と質疑で終了と言うものであった。
 特に台風被害について、傍聴者には(暫定版)という資料は配られた。しかし説明図はきれいでわかりやすかったが、具体的説明文書は傍聴者には配ってもらえなかった。

 この暫定版でわかった範囲であるが、職員の方々の奮闘に感謝する一方で、決定的に欠落していたものが2点と、不審な点が1点ある。
① ダムの放流が直前で中止になったが、もしこれがなされた場合の対応が欠落している。
② これは怖ろしいことだが、新井綜合の産廃施設の崩落があった場合の対応。
 (新井綜合は、この災害中、絶対行わなければならない水位測定を省き、県からの厳重注意を受けている)
▲ 不審な点は・・応急給水車として応援してくれた事業体の中にヴェオリア・ジェネッツ社があったことである。この会社はご承知のように、検針事務を委託されている会社である。
それが自前の応急給水車を持っていて、応援していた。普通はあり得ない。ありがたいことではあるが・・なぜか??

 こういうことが、少しずつ重なりつつ、「命の水」は遠くなっていく。
企業団の冒頭議会で、4市合併についての企業団議会・議員数対等合併論に対し(君津中央病院は対等)、木更津市が人口割を主張し、「それが通らなかったら木更津市は合併しない」とごり押ししたことが、記録として書かれてあるが、そういうことは表に出てこない。

 「命の水」を「水は商品」にしてはいけない。厳しい注視が必要である。

                                kawakami

nice!(0)  コメント(0) 

「水道審議会」開催に係る意見書提出 [水道事業]

 8月27日開催された「かずさ水道広域連合企業団」の「水道審議会」について、情報公開の観点から問題点が多く会ったことから、企業長に対し「大気と水は人権」4市連絡会名で、質問抗議書を送付したのでその内容を公表する。                  kawakami


                                 2 020年9月1日
かずさ水道広域連合企業団企業長 渡辺芳邦様

     「大気と水は人権」4市連絡会  共同代表 関  巌

 貴職におかれましては水道事業の発展のため日々ご尽力いただいておられることに敬意を表します。

 水道事業は君津4市32万人のために、安全な水を安定して安価に供給することであります。
 今まで水道事業は市の事業として市民の見えるところで事業が行われ、各市議会および水道審議会で審議されてきました。昨年4市が統合するにあたり私達が一番危惧したことは、この事業が市民から見えないところで行われることでした。

 先日行われた水道審議会の運営は図らずもこの危惧が現実のものとなりました。
具体的には、この審議会の開催および傍聴の市民への知らせが、企業団のホームページに審議会開催の1週間前に載せられたことです。
傍聴人数はコロナの影響があるということで4人に制限されました。そのため傍聴を断念した人がおりました。現在、様々な行政事務において、市民への情報公開は大原則であります。
水道事業が4市の広域事業になったことから、とりわけこのことは大事なことです。

 その観点から今回の水道審議会の運営にあたって、このことがないがしろにされたことに強く抗議いたします。

 今後このようなことが無いよう、以下に質問および要望を致します。

1.そもそもこの審議会の役割、位置づけは何でしょうか。
2.委員の選出は学識経験者と水道利用者とだけ書かれていますが、学識経験者は誰がどんな基準で選んだのでしょうか。また水道利用者は誰がどんな基準で選んだのでしょうか。
3.委嘱状交付式は傍聴ができませんでしたが、この中の、事務局長挨拶や委員の自己紹介は大切な情報ですので、最初から最後まで傍聴させること。
4.審議会、議会の開催および傍聴の知らせは極めて大事なことですので、各市の広報紙を使い開催2週間以上前に知らせること
  先ずは次の11月企業団定例議会においてこのことを充分配慮すること
5.今回傍聴は4人と言うことで傍聴を断念した人がいました。4市32万人の利用者がいるので傍聴者人数を大幅に増やすこと。
                                 以上

nice!(0)  コメント(0) 

かずさ水道広域連合企業団のこと [水道事業]

 「かずさ水道広域連合企業団」は、私たち35万人の「命の水」を支えている「事業団」ではなく、なぜか「企業団」という名称です。2019年4月1日「新水道法」に依拠し、自治体単位の水道事業を、広域化したものです。「旧水道法」では「水は命」であり、水の供給は行政の責務でありました。
 「新水道法」で「水は商品」になり、扱いは企業が行うことになったというのが基本的違いです。
この「新水道法」の持つ危険性について学習した私達は、監視活動を始めることで一致し、4市の合同の市民団体を立ち上げました。

  市民団体の名称は『大気と水は人権』といいます。早速連絡会を作り、学習会や、直接申し込んで「出前講座」もしていただきました。コロナ問題で、活動は中断していましたが、担当職員とのメール交信は続けておりました。

 今回「水道審議会」なる組織が作られ、その第一回会議が8月27日に行われることを聞きました。どのような方が委員になられたか、選出理由は不明です。おまけにこの会議を開くと公表されたのは、8月20日でした。市民への周知期間は、わずか1週間でした。おまけに傍聴者は4名先着順という数にも驚いています。企業長である木更津市長あて、質問と要望書を提出しました。

 制限された人数を少しオーバーするかもしれませんが、傍聴者が参加予定です。

 私たちは、昨年の台風被害での断水の際の、企業団職員の奮闘に感謝と激励を贈り、企業団職員の絶対数の不足について、必要数の補充も提案しています。決して敵対している市民団体ではありません。

 この企業団には、独自の「議会」があり、2月と11月の2回の本会議が設定されています。その議事録がホームページに掲載されているので、その全文を読ませていただきました。その議事録を読んで、非常に不思議な議会であることを感じました。このことは、このブログの2020年5月25日号で紹介しています。きっとビックリなさるでしょう(興味のある方は議事録そのものをご覧ください)

 さて今回の「水道審議会」はどのような会議になるのでしょう。27日に参加された方の感想をお届けしようと思っています。
                                  kawakami






nice!(0)  コメント(0) 

角山給水場 [水道事業]

 台風一過、前の小公園の木々の枝がいくつか折れた程度で、どうやら過ごすことができたと安心し、郵便局に用事があるのでかけると、県道の山側の木々が結構路上に転がっている。生木のまま折れたのもあるし、根っこから掘り出されたのもあった。交差点の信号が止まっていたのにもびっくりしたし、お隣りの市原市など13000人を超える人たちに避難勧告が出されていたことも知った。やはり、大変な暴風被害であったことをこの目で確かめたのである。

 昼のテレビで、家庭の停電がまだ続いている地域があることを知った。我が家は東電ではないので関係がなかったのかもしれない。そこへ友人からの携帯電話が入ったのだ。
この停電がもう12時間も続いているのだという。彼の家はなんとオール電化なのだ。彼はパソコンのプロで、机上に数台並べて世界中の情勢に目を光らせている人だというのに、停電となれば一切これが切れてしまい、手の付けようがない。

 その上に水も出ない。市役所に聞いてみたが、「企業団に移っているのでそちらで聞いてほしい」という。企業団に電話を入れ「このぐらいの自然災害で水も止まってしまうのか?水が出ないどうしたのだ?」というと「加圧地域施設から給水している地域が停電で断水しているのです。」という。加圧地域を聞くと、「のぞみ野、林、代宿が該当地域で圧力を加えないと水が届かない地域」であるそうだ。企業団のホームページにそれは掲載されていない。
「災害対策として、ホームページにそのぐらいのことは書いておかなきゃ・・」と注文しておいた。

 でも考えてみる。袖ケ浦には角山給水場があったはずだ。自然の高低差を利用しての給水場で、このような時のためであったのかもしれない。ここは閉じられたのであろうか?
ダム水源の弱点が見えた。せっかくの施設である。この経験を生かして閉鎖はやめることだ。「災害は忘れたころにやってくる」でも企業団でこのことをわかる人はいるのかな?

 友人はここで口を閉じた。「袖ケ浦に水道局があったら届くかもしれない・・・」そんな彼の口に出さない余韻が残った。

                              kawakami



nice!(0)  コメント(0) 

命の水のことを考えます [水道事業]

★ 水道のことで、市民からどっさり疑問が寄せられています。
 中には、「なんで袖ヶ浦だけ料金が上がった?」という質問もありました。これには、袖ケ浦の水道局が、値上げの説明をしていますが、市民の殆どの方は、1回の広報ぐらいではわかりません。
まして、遠くなった企業団の事など、気にしている余裕などありません。私たちんチラシを読んだ方から、次のような質問がどんどん寄せられています。
 そこで、勉強会をすることにしましたのでご案内します。気が向きましたらいらしてください。
                         市民が望む政策研究会

◎「かずさ水道広域連合企業団」は、行政組織なのに、なぜ「企業団」とつけたのでしょう。変だと思いませんか?

◎ 水道の老朽管。袖ケ浦市 24㎞ 木更津市 789㎞ 君津市 644㎞ 富津市 402㎞ こんなにあります。袖ケ浦市は一番短い。これらを早急に修築しなければなりません。こんなに違いがあるのになぜ袖ケ浦は一緒になると言ったのでしょう?

◎ 水道の日常業務の中には、故障受付、検針、料金集計、未収金集計、システム開発等々の運営業務があります。この運営部分はほとんど民間の会社に委託して運営しています。例えば検針業務について木更津市は「木更津市水道サービスセンター」富津市は「富津市管工業協同組合」に委託しています。袖ケ浦市と君津市は、何とフランス最大の水企業ヴェオリア・ジェネッツ社が、運営業務すべてを委託されています。こんな小さな町にフランス最大の水企業会社があって、運営業務をすべて委託されているのって不思議ではないですか。なぜだと思いますか?

★ 並べればまだまだあります。その回答を近藤さんがしてくれるのです。何でも遠慮なく聞いてください。

「大気と水は人権」学習会開催のお知らせ
日時  8月18日(日) 14:00~16:00
会場  市民会館2F 研修室 (今回は、深く学びあう集いにしたいと願っています)
報告  高橋 英恵さん (仮題・石炭火力と人権・・・国際環境NGO・FoE Japan)
講師  近藤 夏樹さん (仮題・水は人権・・水循環基本法フォーラムアップ委員会委員)
質疑  わからないことおどんどん聞いてください。意見交流もします。

★ 日本全国で、今水道の問題が沸き起こっています。既に全国大会が2回開催されています。この大会の中心で活躍されているのが近藤さんです。今回も忙しい中、岐阜から駆け付けてくださいます。どっさり教えていただきます。



nice!(1)  コメント(0) 
前の15件 | - 水道事業 ブログトップ