SSブログ

袖ケ浦市の農業10年の歩みを考える1 [農業]

 袖ケ浦市の農業は、ここ10年間でどのように変わってきているのか。それを見るには、丁度良い資料がある。平成22年度(2010年)に全国で行われた農業センサス(農業実態調査)と、2020年に行われた農業センサスの数値を比べてみるとよい。
 今日は久々に、農業問題のいくつかを取り上げてみようと思う。

◆ 農家の数はどうなっているのか
   2010年 → 2020年     考えられること
   1583戸   1238戸    345戸の減である  高齢化か 大農重視か

◆ 主業農家数
 265戸    176戸    89戸減 農業だけでは生活不能戸数である

◆ 販売金額3000万円以上の戸数
 111戸    29戸     51戸減 米作の収入源であろうか

◆ 一戸当たりの耕地面積   
 168a    206a     戸数が減った分一戸当たりの耕地面積増となったのか

まだまだある。この項目一つ一つの現実に潜む、農業政策について具体的に、街の声を拾ってみようと思う。           (続く)

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。