So-net無料ブログ作成

袖ケ浦水道会計とマサフィー [議会ウオッチング]

 40年前アラブ首長国連邦・ドバイで暮らしていたことがある。ガソリンより水の方が高いのを知ってびっくりしたものだ。そしてカナートという地下水路の水と、日本の技術で海水を淡水化した水とを混合して販売している飲料水「マサフィー」を、飲料水として飲んでいたものだ。

 袖ケ浦の水道が危ない。おいしい地下水のくみ上げカ所を一つ残して、あとは全部「君津広域水道企業団」なる官僚の天下り先企業??をまた一つ増やし、その水を飲まなければならなくなるらしい。もっともらしい理屈はなんと言っているのだろう?「人口も企業も増え、自己水源だけでは水が足りなくなる。」などいうのがその理由だそうだ。

 巨大な産廃施設新井綜合があり、このままでは、久留里の名水も汚染されてなくなってしまう。木更津の奥の方にある小櫃地域の自噴井戸も汚染され飲まれなくなるかもしれない。企業というのは水を使う企業もあれば、水を汚す企業もある。でもそのような企業様の心配もして差し上げなければならないし、人口は2025年を境に減少の一途をだどるはずなのに・・万が一、千葉県4市に限って言えば、ここだけ人口増になるかもしれない?そんなことってあるのかな

 今でさえ袖ケ浦では、必要量以上の水の割り当てがあり、その金をきちんと払って、実際は払った金額分の水の44.9%の量しか使っていない。半分使っていないのである。

 その上、さらに広域化した企業団になると、口も出せなくなり水道代金はいつ上がるか、上がっても、袖ケ浦市役所の手を離れて、口を出せなくなり、命の水はどんどん値段が高くなる。
 
 冒頭のマサフィーを、日本に輸入販売した業者がいる。(今もしているかどうかは不明)それを珍しいからと言って購入されたお金持ちの方々が、きっと今回の計画を立てられたたのではないか・・とマジメに推測したくなる??

 袖ケ浦市議会で28年度決算委員会が行われ、水道企業会計が可決されたそうだ。例によって陰でこそこそ「これはちょっとおかしいよね」とかなんとか言いながら、採決に賛成された議員さんと、加計学院獣医学部新設を、「疑念はあるけれど言える雰囲気ではなかった」と言って賛成した委員さん。日本中どこか狂っているのか腐っているのか・・嗚呼!

             kawakami
 

nice!(0)  コメント(1) 

nice! 0

コメント 1

JRの営利追及を許すな

君津広域水道企業団のホームページ見てきました。
平均年収が400万円前後のいま、ここの職員の待遇は地方公務員並みで素晴らしいです。
気になったので、どうすればここの職員になれるか調べたのですが、なぜか試験の結果だけしか掲載されていません。
公開されている過去の広報のどこを探しても、採用情報が見当たりません。

このようなオイシイ求人は、口コミか何かで知ってる人だけが応募できる素敵な制度なのでしょうか。
by JRの営利追及を許すな (2017-11-16 18:45) 

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。