SSブログ
前の30件 | -

議会傍聴 3 [議会ウオッチング]

  14日一般質問最終日である。午後から篠崎議員、笹生議員の質問を傍聴に行く。前回から長浦公民館で聞くことにしている。

 篠崎議員の質問は、職員人事、国民健保、生活保護の3点であったが、ほとんどの時間を1点目の、職員人事で費やしてしまった。費やさねばならぬほど、市の回答は酷いものであったからである。

 2019年6月議会で、となみ議員が職員の勤務状況を追及された。その時には、退庁記録に22時とか、ひどいのには23時15分とかいうのがあったこと。月間45時間以上の超過勤務をしていた人数は58人もいたこと等が厳しく追及された。当時の回答では、紙媒体ではなくシステム導入の検討、遅くとも8時以降の残業者なしにすること等が約束されていたものだ。

 それがどうだ。月間80時間を超える超過勤務者35人。前回は福祉課中心であったが今回は、税務課と選挙管理委員会に集中していること。退庁時刻のシステム化は進んでいないこと。健康診断では職員の12%が複数の障害を持っていること等が明らかになっている。
 答弁はその時だけのものなのか・・・2年経ってもこのざまである。その上亡くなられた職員が
2019年2名、2020年2名の4名。県職員は8000人中3名ということを考えれば、これも異常であること。
 さらに見えないサービス残業についても追及されている。

 この背景には、国の行革推進指針があって2005年以降、その指針に従い643人の職員が615人と28人削減されていることが挙げられることを篠崎議員は指摘している。お上の言うことに盲従、自治体としての自覚・独自性の意思がない。

 袖ケ浦市役所には自治労もない。勤務状態に対する不満のはきどころもない。議会での追及には無責任な答弁で、実質は全く実行されていない。
 これでは、職員の意気が高まるはずはない。その最終責任は市長と、周辺幹部諸侯にあることを

nice!(0)  コメント(0) 

防災井戸協力の家 [水道事業]

 奈良輪のおじさんからの投稿です。 By 奈良輪

2009年に31歳5ヶ月で市議会議員であった熊谷俊人は市長に就任、
2011年の3.11大地震で非常事態でのもろさを認識したことをもとに千葉市の公共施設に太陽光発電+蓄電池を設置するだけでなく『防災井戸協力の家』という仕組みをつくり住民同士で飲料水を分け合って生き抜く仕組みを作りました。 
 
設置した井戸は2015年2月18日現在で
学校 58か所
市役所、消防署、公園など13か所
防災井戸協力の家 154か所 と書いているので今はもっと多いのでしょう

 一方、かずさ水道広域連合企業団は井戸の普及ではなく費用削減として、井戸の廃止に向かっていると聞きますが本当でしょうか?
 袖ケ浦市の危機管理課はこの状況を認識し千葉市のようにする考えはあるのでしょうか? 是非聞いてみて欲しいと思います。
 また、市議会議員がかずさ水道広域連合企業団の水道議会委員ですので、千葉市の危機管理の実績を参考に危機管理課とともに考えて井戸の再建、普及に尽力して欲しいものです。

https://www.city.chiba.jp/shisetsu/ido/index.html

ホームページから
更新日:2015年2月18日
非常用井戸等
• 新宿小学校
• 本町小学校
• 寒川小学校
• 院内小学校
• 蘇我小学校
• 都小学校
• 松ヶ丘小学校
• 川戸小学校
• 星久喜小学校
• 生浜西小学校
• 検見川小学校
• 幕張小学校
• 犢橋小学校
• 横戸小学校
• 長作小学校
• 花見川第二小学校
• 花見川第三小学校
• さつきが丘東小学校
• 上の台小学校
• 朝日ヶ丘小学校
• 宇那谷第一緑地
• 都賀小学校
• 園生小学校
• 稲丘小学校
• 弥生小学校
• 緑町小学校
• 山王小学校
• 千草台小学校
• 宮野木小学校
• 草野小学校
• 若松小学校
• 白井小学校
• 更科小学校
• 大宮小学校
• 桜木小学校
• 千城台北小学校
• 千城台南小学校
• みつわ台南小学校
• 誉田小学校
• 土気小学校
• 越智小学校
• 泉谷小学校
• 土気南小学校
• 大椎小学校
• 有吉小学校
• おゆみ野南小学校
• 幕張西小学校
• 幸町第三小学校
• 幸町小学校
• 高洲第三小学校
• 真砂第五小学校
• 高浜第一小学校
• 旧高浜第二小学校(跡施設)
• 稲浜小学校
• 打瀬小学校
• 磯辺小学校
• 高等特別支援学校
• 千葉市役所
• 消防合同庁舎
• 青葉の森公園
• 千葉公園
• 千葉公園
• 県立千葉工業高等学校
• 花見川区役所
• 一本松公園
• 稲毛消防署
• 長沼町公園
• 若葉区役所
• 小倉台公園
• 緑消防署
• 美浜消防署
• 防災井戸協力の家(中央区都町4-1)
• 防災井戸協力の家(中央区都町2-23-6)
• 防災井戸協力の家(中央区星久喜町759-9)
• 防災井戸協力の家(中央区弁天3-5-4)
• 防災井戸協力の家(中央区白旗1-7-14)
• 防災井戸協力の家(中央区今井2-18-7)
• 防災井戸協力の家(中央区院内2-14-6)
• 防災井戸協力の家(中央区大森町282-154)
• 防災井戸協力の家(中央区川戸町422-1)
• 防災井戸協力の家(中央区浜野町1104)
• 防災井戸協力の家(中央区長洲2-28-16)
• 防災井戸協力の家(中央区南生実町8)
• 防災井戸協力の家(中央区星久喜町1158-5)
• 防災井戸協力の家(中央区都町3-12-2)
• 防災井戸協力の家(中央区鶴沢町21-1)
• 防災井戸協力の家(中央区稲荷町1-15-4)
• 防災井戸協力の家(中央区赤井町739-127)
• 防災井戸協力の家(中央区蘇我2-7-11)
• 防災井戸協力の家(中央区椿森6-9-5)
• 防災井戸協力の家(中央区登戸5-13-5)
• 防災井戸協力の家(中央区仁戸名町480-30)
• 防災井戸協力の家(花見川区幕張町1-7805-5)
• 防災井戸協力の家(花見川区宮野木台4-17-15)
• 防災井戸協力の家(花見川区天戸町1329-9)
• 防災井戸協力の家(花見川区幕張本郷7-34-4)
• 防災井戸協力の家(花見川区千種町237-16)
• 防災井戸協力の家(花見川区長作町2351)
• 防災井戸協力の家(花見川区犢橋町1623-9)
• 防災井戸協力の家(花見川区千種町355-39)
• 防災井戸協力の家(花見川区畑町1666)
• 防災井戸協力の家(花見川区千種町352-53)
• 防災井戸協力の家(花見川区千種町230-10)
• 防災井戸協力の家(花見川区柏井4-45-5)
• 防災井戸協力の家(花見川区柏井4-38-7)
• 防災井戸協力の家(花見川区柏井4-42-26)
• 防災井戸協力の家(花見川区検見川町1-716-1)
• 防災井戸協力の家(花見川区浪花町907-37)
• 防災井戸協力の家(花見川区横戸町1569-46)
• 防災井戸協力の家(花見川区花島町146)
• 防災井戸協力の家(花見川区幕張町6-274-1)
• 防災井戸協力の家(花見川区花園町1574-5)
• 防災井戸協力の家(花見川区幕張本郷1-18-17)
• 防災井戸協力の家(花見川区畑町1290)
• 防災井戸協力の家(花見川区武石町2-874)
• 防災井戸協力の家(稲毛区稲毛3-10-4)
• 防災井戸協力の家(稲毛区園生町1306-14)
• 防災井戸協力の家(稲毛区園生町131-4)
• 防災井戸協力の家(稲毛区長沼町173-65)
• 防災井戸協力の家(稲毛区宮野木町1158-4)
• 防災井戸協力の家(稲毛区天台5-12-25)
• 防災井戸協力の家(稲毛区天台5-13-52)
• 防災井戸協力の家(稲毛区穴川町383-3)
• 防災井戸協力の家(稲毛区天台5-24-8)
• 防災井戸協力の家(稲毛区稲毛台町21-13)
• 防災井戸協力の家(稲毛区長沼原町317-1)
• 防災井戸協力の家(稲毛区長沼町259-61)
• 防災井戸協力の家(稲毛区稲毛2-5-9)
• 防災井戸協力の家(稲毛区穴川2-8-15)
• 防災井戸協力の家(稲毛区園生町390-39)
• 防災井戸協力の家(稲毛区稲毛町5-419-2)
• 防災井戸協力の家(稲毛区宮野木町1649-9)
• 防災井戸協力の家(稲毛区小仲台8-15-1)
• 防災井戸協力の家(若葉区高根町671-1)
• 防災井戸協力の家(若葉区千城台西1-20-11)
• 防災井戸協力の家(若葉区若松台3-36-1)
• 防災井戸協力の家(若葉区小倉町875-18)
• 防災井戸協力の家(若葉区みつわ台1-12-8)
• 防災井戸協力の家(若葉区千城台北3-20-4)
• 防災井戸協力の家(若葉区大宮町2988-12)
• 防災井戸協力の家(若葉区加曽利町1779-2)
• 防災井戸協力の家(若葉区高根町854)
• 防災井戸協力の家(若葉区千城台西1-12-7)
• 防災井戸協力の家(若葉区みつわ台5-35-5)
• 防災井戸協力の家(若葉区大宮町2129-10)
• 防災井戸協力の家(若葉区若松町984-457)
• 防災井戸協力の家(若葉区若松町425-34)
• 防災井戸協力の家(若葉区北大宮台46-12)
• 防災井戸協力の家(若葉区千城台東2-18-6)
• 防災井戸協力の家(若葉区小倉台3-34-18)
• 防災井戸協力の家(若葉区大草町441-49)
• 防災井戸協力の家(若葉区金親町206-1)
• 防災井戸協力の家(若葉区みつわ台2-11-22)
• 防災井戸協力の家(若葉区みつわ台5-41-10)
• 防災井戸協力の家(若葉区中野町1007-15)
• 防災井戸協力の家(若葉区桜木1-29-5)
• 防災井戸協力の家(若葉区桜木北3-12-56)
• 防災井戸協力の家(若葉区桜木8-24-10)
• 防災井戸協力の家(若葉区桜木北2-15-9)
• 防災井戸協力の家(若葉区千城台東3-7-9)
• 防災井戸協力の家(若葉区小倉台5-16-7)
• 防災井戸協力の家(若葉区小倉町1754-9)
• 防災井戸協力の家(若葉区桜木3-8-15)
• 防災井戸協力の家(若葉区千城台北3-20-3)
• 防災井戸協力の家(若葉区小倉台5-21-9)
• 防災井戸協力の家(若葉区西都賀5-2-16-1)
• 防災井戸協力の家(若葉区貝塚町1108-15)
• 防災井戸協力の家(若葉区若松台3-34-14)
• 防災井戸協力の家(若葉区小倉台2-2-7)
• 防災井戸協力の家(若葉区千城台西3-2-5)
• 防災井戸協力の家(若葉区若松台2-25-1)
• 防災井戸協力の家(緑区おゆみ野中央3-16-11)
• 防災井戸協力の家(緑区おゆみ野南5-10-16)
• 防災井戸協力の家(緑区高田町182-2)
• 防災井戸協力の家(緑区鎌取町98-6)
• 防災井戸協力の家(緑区おゆみ野中央3-9-16)
• 防災井戸協力の家(緑区あすみが丘3-51-14)
• 防災井戸協力の家(緑区土気町1519)
• 防災井戸協力の家(緑区誉田町1-137-17)
• 防災井戸協力の家(緑区土気町1692-43)
• 防災井戸協力の家(緑区小山町173)
• 防災井戸協力の家(緑区小山町148)
• 防災井戸協力の家(緑区土気町1296-5)
• 防災井戸協力の家(緑区小山町147)
• 防災井戸協力の家(緑区小山町179)
• 防災井戸協力の家(緑区誉田町1-136-76)
• 防災井戸協力の家(緑区誉田町2-2-320)
• 防災井戸協力の家(緑区平山町469-111)
• 防災井戸協力の家(緑区平山町1922-33)
• 防災井戸協力の家(美浜区真砂1-3-13)
• 防災井戸協力の家(美浜区若葉1-4-1)
• 防災井戸協力の家(美浜区真砂1-9-13)
• 防災井戸協力の家(稲毛区萩台町693-3)
• 防災井戸協力の家(若葉区大宮町2841-1)
• 防災井戸協力の家(稲毛区作草部町1259-11)
• 防災井戸協力の家(花見川区幕張本郷3-2-14)
• 防災井戸協力の家(稲毛区稲毛東2-16-1)
• 防災井戸協力の家(花見川区花園町2443-6)
• 防災井戸協力の家(中央区大森町530-9)
• 防災井戸協力の家(中央区大森町449-64)
• 防災井戸協力の家(中央区大森町431-1)
• 防災井戸協力の家(中央区大森町514-173)
• 防災井戸協力の家(中央区大森町533-12)
• 防災井戸協力の家(中央区大森町318-5)
• 防災井戸協力の家(中央区新田町34-8)
• 防災井戸協力の家(稲毛区作草部町586-5)
• 防災井戸協力の家(中央区松ヶ丘町40-6)
• 防災井戸協力の家(中央区生実町753-22)
• 防災井戸協力の家(緑区古市場町474-331)
• 防災井戸協力の家(緑区古市場町474-309)
• 防災井戸協力の家(花見川区武石町2-937-5)
• 防災井戸協力の家(花見川区武石町2-944-18)
• 防災井戸協力の家(花見川区武石町2-937-3)
• 防災井戸協力の家(花見川区武石町2-970)
• 防災井戸協力の家(中央区松ヶ丘町57-22)
• 防災井戸協力の家(若葉区都賀1-14-7)
• 防災井戸協力の家(若葉区加曽利町1475-16)
• 防災井戸協力の家(若葉区加曽利町1474-1)
• 防災井戸協力の家(中央区大森町523)
• 防災井戸協力の家(花見川区柏井1-35-16)
• 防災井戸協力の家(若葉区加曽利町1800-47)
• 防災井戸協力の家(稲毛区山王町75-7)
• 防災井戸協力の家(中央区仁戸名町101-19)
• 防災井戸協力の家(中央区仁戸名町90-6)
• 防災井戸協力の家(中央区仁戸名町72-5)

nice!(0)  コメント(0) 

水源地汚染陳情・傍聴を [議会ウオッチング]

 皆さんは6市の水道水源地に巨大な産業廃棄物処理場があることをご存知ですか?
君津市の奥、小櫃川の水源になる森林地の中にその産廃施設があるのです。常識的には考えられないことです。例えば東京都の水源地奥多摩ダムには巨大な涵養林があり、大切に保護されています。日本国中で水源地が産業廃棄物処理場などというところはありません。

 この産廃施設は2001年3月、16haが、君津市挙げての反対にもかかわらず設置許可がおり、2004年12月、当初から心配されていた汚染水(高濃度のイオン検出)がここから漏れ出したのです。県は直ちに搬入停止の措置を取りましたが、この汚染は今でも継続中で、いつ外部へ漏れ出るものか心配されています。

 このことを受け「日本銘水百選」にも選ばれた、久留里の地下水に対する汚水混入の危惧か高まっていることからの反対運動が久留里を中心に「ふるさとの水を守る会」として組織され、今回、4市の議会に、当面「第一期工事での滲出した汚染水の処理を早急に解決してほしい」との意見書を是非県に提出していただきたいという請願書、あるいは陳情書を提出いたしました。
 袖ケ浦は陳情書なのですが、その審議が下記日程で開催されます。私たちの飲んでいる水道の汚染に係る陳情です。是非議員の皆さんの同意を得たいと願っています。

 袖ケ浦市議会では下記日時に審議が開催されます。市民の皆さんの傍聴をお願いいたしたく要請申し上げます。

◆ 6月18日(金) 建設経済常任委員会討議  13:30

◆ 6月23日(水) 本会議  採決      10:00


nice!(0)  コメント(0) 

袖ヶ浦市議会一般質問傍聴記 2 [議会ウオッチング]

吉岡議員の質疑
 2-1 君津広域廃棄物処理事業について
 パリ協定に基づくCO2削減目標に適合しない炉であるのではないか?事業責任は?
<回答>
 現状炉に比較して投入するコークスの量が半減であり、目標に沿っている

新型炉はコークス半分で低炭素との答弁
 灰分と金属溶融がポイントの炉ですからその温度を保つためには以前の半分と言う根拠は疑問
 さらに太平洋側から山越えでゴミトラックが走る計画、輸送で発生する燃料代などの総費用とCO2の詳細も問題であり、現状との比較一覧を提出させるべき

 また根本的に溶鉱炉のような原理のシャフト炉でなければならない理由がそもそも 明確になっていないのではないか?
  三井造船、川重、石川播磨重工など多くの企業が焼却炉を製造・販売・運用しているなかで新日鉄関連の会社が選択された経緯は、土地や議員の関係など新日鉄が選択される条件でなかったのか疑問を感じます。

  灰の減量、金属回収のための溶融方法はシャフト炉(コークスを使う溶鉱炉)でなくても電気や酸素吹きなどでも可能であり、選択において市に技術屋さんがいなくても選択を外注することで可能であり、見直しをして、それでもシャフト炉が優位なら私は納得したいと思います。

  しかしながら太平洋側の市から運んでくるというのはいかにも不合理、一次焼却した灰だけ持ち込むというなら減量で運搬費用削減になるのでしょうが??
 納得しがたい話で木更津市、君津市、富津市、袖ケ浦市、鴨川市、南房総市及び鋸南町市民は果たして市の計画を知っているのでしょうか? はなはだ疑問

                          奈良輪さん傍聴記

nice!(0)  コメント(0) 

議会傍聴記  1  [議会ウオッチング]

 さて昨日6.11日金曜午前の市議会傍聴の感想ですが、パソコンしていたら時刻過ぎていることに気づいて大慌てで自転車で議会に到着、塚本さんの質問中でした。

質問は
1.塚本議員 ワクチン接種予約の方法など
 混乱と疑念をもたらした現状を踏まえ
1-1.医療従事者などへの先行接種、周知方法、予約方法などについて
 混乱をもたらした現状と今後の対応について

<答弁について>
 議会軽視と市民への周知不十分の反省が感じられず、医療従事者など先行接種は 国でも公認であり、市の責任者が先行接種はその範囲との考えで問題がなかったと 市議会で言い通すことを事前相談していた印象でした。
  マスコミで他の市でも同様なことがあり、問題が分かっていたはずであり、接種 4/30、5.11から最低一週間経過してからのマスコミ公開で、やっぱり まずかったかな?公開しよう ということで歯切れの悪い印象はぬぐえない

※市民子育て部長の答弁でワクチン接種範囲を接種時住民基本台帳にある人と話していました、では長期出張者、ふうてんの寅さんなど住民基本台帳になくても住民の実態のある方も接種対象との国の方針に触れてなく問題答弁

  考えてみれば市の広報は公民館に出向けばもらえる、見れますが黙っていれば情報難民になり接種から洩れる
 アパート住民は新聞も取らず、自治会にも入ってなく情報難民の可能性が多いがその対策など考えていないのが市の実態で子育て部長のみならず市長の推察・思考能力も問題のようです。

1-2.千葉鴨川バイパス道路開通に伴う旧道の交差点信号撤去などの問題
 旧道交差点から信号が無くなっていて危険などの問題について質問されていました。
 自分も問題の信号がなくなっていることを知らず、危ない思いをしています。
 旧道走る車が減ったことでスピード出す車もあり、危険!信号復旧が急務と感じる

                              奈良輪さんからの感想です


nice!(0)  コメント(0) 

賛否討論同数問題追記 [議会ウオッチング]

 昨日の賛否討論者同数問題で、一つ重要な問題があることを書き落としていたので追記する。
それは、今回登壇した賛成討論登壇者並びに、陳情での反対討論登壇者のうち、4人の方は新人であった。当選されて2回目の本会議である(3月議会)。中には一般質問も経験されていない方もいらした。そして突然の採決場面での討論登壇である。
 新人が登壇したって、本人の意志であれば問題はないわけだけど、影の声では「新人が動員されたのよ」という声も聞かれるのだ。

 確かに不自然である。もし、何らかの力が働いて、登壇せざるを得なかったのであれば、それはとんでもないことだ。こういうことを仕組むことのできる力があるとすれば、あえて失礼を顧みず書けば、事務局か、議長か、議運か?
いずれにせよ、議会に残る陋習を背景に行われたパワハラと言っても過言ではない。

 このような陋習が染みついているとしたら、まさに議会の自殺行為である。「火のないところに煙は立たない」私は、袖ヶ浦市議会には自浄力があると信じている。党派、会派を問わず、誠実に奮闘していらっしゃる優れた議員さん達がいらっしゃることを目の当たりにしているからだ。

 今議会すぐでなくてもいい・・・ここにも書く「過ちてはあらたむるに憚ることなかれ」(論語)である。
袖ケ浦市行政はコロナワクチン接種での、問題が多発した先着順優先予約方式を64歳以下の接種予約では、行わないことを約束してくださった。袖ケ浦市議会が、自らの力で一つ一つ旧来の陋習を糺していかれることを期待している。
                             kawakami



nice!(0)  コメント(0) 

議案賛否討論の機械的同数廃止を [議会ウオッチング]

 今日から一般質問が始まりました。今日はそのことを書くのではなく、6月議会本会議直前に3月議会の議事録が完成し公開されたので、早速、前回予算議会での賛成討論・反対討論の討論内容を詳細に読ませてもらったのです。

 前回は2点について疑問を提示したのです。
1 反対討論が出ると、必ず同数の賛成討論が出るのはなぜなのか?常識的に考えると、反対討論が出たら出たで、それを聞けばよいだけのことではないのか。機械的同数というのは変だと思いませんか
2 それで、試みに、反対討論と賛成討論の内容を並べて、市民の評価・判断を求めてみてはどうか・・と考え賛成・反対討論された議員各位に、その趣旨内容について教えてくださるようお願いのお手紙を出しました

 反対討論をされた議員からは、すぐご自分の原稿が届きました。
賛成討論をされた議員の中では、
根本議員からはメールで概要の報告をいただきました。
伊東議員からは、電話で2本の賛成討論趣旨をいただきました。
緒方議員からは「連絡せず申し訳ありませんでした」と言うお詫びの言葉をいただきました。
ところが、在原議員、稲毛議員、佐藤博文議員、湯浅議員からは何の連絡もありませんでした。
なぜなのか考えました。

① 会派で相談したら、出さないと決めたから?・・・でも同じ会派の方でも、連絡だしてくださった方もいる。
② あまり好きではない団体からの要請なので無視
③ 自分の本意ではないのにやらされたから?   まさか???
④ 心に引っかかる疚しさがあって対応ができなくなったという良心派?

なぜかさっぱり理由がわかりません。お願いの手紙も丁重に趣旨をお伝えしたはずです。

 賛成討論はどんなことを主張されたのか・・3か月待っての今日、議事録が届いたので読んでみたのです。
そこで不思議なことが見えてきたような感じがするのです。

① それぞれの議員が自らの主張を発言されている筈なのに、なぜか文章の形態が一定であること。
② 一般質問を長い間傍聴してきましたから、長い議員さんの質問の特徴はわかっています。ところが、奇妙なことに、議案説明に出てこないような内容がポット飛び出してきていたりします。あれ?
③ 陳情に対する反対討論など、当該企業の言い分そのままであり「これは酷すぎる」机上の空論としか言いようがない内容。

 いやな噂があります。あくまでも風聞で事実でないことを信じています。表向きの機械的同数を保持するために想定問題回答集的(これは悪いことではありません)のように、討論原稿をどなたかが用意されていて、必要な場面になった場合読み上げ役が登場・・・???

 今議会では、賛否討論同数登壇の悪弊をやめ、いなかったら別に無理してやる必要なし・・議員自身が自分で自分の首を絞めるようなことは早々におやめになることをお勧めします。

                            kawakami




nice!(0)  コメント(0) 

市長への意見箱投稿と回答 [コロナ問題]

 市長への意見箱投稿と返信

 コロナ接種について、市長への意見箱に投稿しましたら、回答が来ました。文章が長いので意見と回答の部分を対比的に並べてみます。基本的にはチラシの見出しに書いた「先着優先的予約方法はやめてください。もっと良い方法はたくさんあります。他市に学びましょう」が私たちの提言です。

1,千葉市のように午前中は80歳以上、午後は3時まで70歳以上、3時以降は65歳以上とするような分散方式で電話の混雑をふいではどうですか

 ① 10回線であった電話を20回線にした。
 ② 一人当たりの所要時間短縮
 ③ 各公民館で予約代行サービス実施
 ④ 64歳以下の申し込み方法については年齢別の時差申し込み等、円滑な対応を検討したい。

2,受付電話はフリーダイヤルとする。

 ① 電話回線不通時でのNTTのメッセージなどの電話料金は発生していません。料金は通じたときでの電話だけです。
 ② 一部のIP電話や公衆電話などからは通話ができないことになっています。
 ③ 全国的に電話回線が混雑しており、フリーダイヤルの一部制限発表があったことも含め、フリー電話への移行は考えていません。

3,新聞未購読の方や、接種が無料であることを知らないため接種を控えている方等、情報が伝わっていない人たちが結構います。自治会組織による全戸配布や、アパート住民に対しては家主のボランティア配布協力要請等をされてはどうでしょう。

 ① コロナワクチン広報臨時号発行や、障害のある方々のため音声データーの配布など周知徹底に努めています。
 ② まだ予約が済んでいない人たちへの受診勧奨を進めています。

4,一定期間終了後、接種済み台帳と、住民台帳照合から、高リスクの市民、自宅住まいの障碍者など社会的弱者が漏れることのないよう別途考えてほしい。

 ① 基礎疾患を有する人たちの情報を市で事前にすべてを掌握することは困難です。今後、国が示す基礎疾患を有する人たちへの予約受付の取り扱い等を踏まえながら、申し込み方法について検討してまいります。

5, 外国人にも健康保険の有無にかかわらず無料でワクチンを接種できるようにする。
 
 ① 国の手引きでは、ワクチン接種者は接種日において住民基本台帳に記載されているものとされています。外国人、健康保険加入の有無にかかわらず無料でワクチンを受けることができます。

◎ 以上が質問と回答です。
1,まずは担当課の必死ともいうべきご努力に感謝と敬意をお伝えしたいと思います。

2,私たちの提言で、最も重要と思われる「先着優先予約方式」の弊害について、率直に「ご不便をおかけしたことをお詫び申し上げます」とあり、「64歳以下の方の申し込み方法については年齢別の時差申し込み等、円滑な対応を考慮したうえで周知いたします」と続き、改善を約束されました。
嬉しいことです。

3,最後の外国人の接種について・・「国の手引きでは、ワクチン接種者は接種日において住民基本台帳に記載されているものとされています。」 とあります。
 このことは間違いないのですが、さらに付け加えた項目があります。参考までに国の手引きを紹介します。
 「新型コロナワクチンの接種体制確保について・自治会説明会② 令和3年1月25日・厚生労働省健康局健康課予防接種室」には、例外事項として(居住地で接種)があります。そこには次のように述べられてあります。
「外交官等、住民基本台帳に記載されない外国人、ホームレス等、居住の実態はあるが、接種券を住民票所在地の市町村から受け取ることができないやむを得ない事情がある者は、居住地の市町村に申請等を行い接種券を受け接種を受ける」
 また、国連から加盟国へ出した資料にも難民など住民登録のない方にも接種するようにとの通知があります。以上間違いないかご確認ください。

 以上市長への意見箱に対する質問と回答、そして私たちの回答に対する見解でした。
                               kawakami



nice!(0)  コメント(0) 

ワクチン接種のチラシを読んで 怒り沸騰! [コロナ問題]

 昨日(6日)新聞折り込みで全市に私達のチラシ14700枚を配布しました。「ワクチン接種手続きに対する緊急提案」と「病床・看護婦削減」法案に対する抗議を柱にしたチラシです。
 このチラシを見た市民から、続々と電話、メールが入っています。生の声をそのまま掲載しますので読んでください。    kawakami





◆ 90代男性
 今朝のチラシを見て全く同感だ。インターネットは使えず何度電話しても通じずもうワクチンはあきらめた。80代の女房もいるが、東京にいる子供たちにも会えない。市はもっと高齢者のことを考えて欲しい。



◆ 市長が議会を無視して先に接種し『自分は責任者だから』と1週間あとになって公表したことに議員がどれだけ怒っているでしょうか?
 怒っていない議員がいたら尻たたかないと・・6月議会で非難決議とかするのでしょうか?



◆ 70代男性
 チラシを見て今まで思っていたことをスパッと言ってくれてすっきりした。余ったワクチンを市長など3役が先に打っているが学校の先生などを先にやるべきだ。3役が本当にコロナの先頭に立って現場に行っているならわかるがそんなことはしていない。
 議員ももっと我々のことを考えてやって欲しい。コロナについて本気で取り組んでいる議員は少ない。うちの近くの[×][×]議員は応援したけど何もしていない。
(実名が書かれていましたが、ここでは[×][×]にさせていただきました)



◆ 新聞とっていない高齢者も市長の抜け駆け接種を知っているのに驚きました。 怒っています。
   (会員がチラシを配布して聞いた話)



◎ 下に配布したチラシを縮小したものを掲載します。見ていない方はどうぞ!(クリックすると大きくなります。)




ワクチン接種1.PNG



ワクチン接種2.PNG





 







nice!(0)  コメント(0) 

袖ケ浦市議会一般質問内容 4 [議会ウオッチング]

 今日は一般質問第3日目14日(月)4名の質問内容と、関心事を書く。 Kawakami

◆ 稲毛茂徳 議員
 大綱1点 カーボンニュートラル達成に向けた、公用車への電動車両導入と充電インフラ整備について。
 項目に3点あり
① 市の基本的スタンス・対応方針
② 太陽光発電で生じた電力の李鵬方針
③ 災害時における避難場所での電源確保構想を・・

◎ 「カーボンニュートラル」とは排出される二酸化炭素と、吸収される二酸化炭素が同じ量である
という考えのこと・・もっと簡単に言えば、私たちが3月31日のブログで提案した「政府の2050年CO2排出実質ゼロ宣言を受け、袖ケ浦市も『排出ゼロ宣言シティー』に本気でなる気があるのか」を追及してほしい。稲毛議員ぜひ強力にお願いしたい。
★ 2050年CO2排出ゼロ宣言自治体総数(2021年6月4日現在)40都道府県、236市、6特別区、97町20村  人口総数 1億1037万人
お隣の木更津市もこの中に入っています。

◆ 伊東章良 議員
 大綱1点  コロナ禍における都市計画マスタープランの進捗について

◎ 私がこの質問で一番気になることは、県が示した袖ケ浦市における急斜面危険区域が、ブログにも書いたが114か所もある。危険個所周辺住居の市民に、それが周知されているかどうか、そのための手立てが講じられているかどうか・・行政の尻を叩いていただきたい。

◆ 篠崎典之 議員
 大綱3点
 ① コロナ禍や災害発生に対処できる市役所職員人事と健康管理等について
 ② 国民健康保険行政について
 ③ 生活保護制度の運営について

◎ 昨年の12月議会であったろうか、職員の異常な勤務時間が暴露された。退庁記録簿に22時、23時というような考えられない時刻が記されていたのである。これを契機に、遅くても20時には退庁することが決められたが、その後の状況はどうなっているのか?
 篠崎議員の鋭い質問を期待する。

◆ 笹生 猛 議員
 大綱2点
 ① 袖ケ浦市におけるGIGAスクール構想の進捗状況について
 ② 市長らの新型ウイルスワクチン優先接種について

◎ 文部科学省のGIGAスクール構想によると、令和5年までに、中学校、小学校の全ての学年に一人1台のPC端末を導入し、令和2年までに高速通信ネットワークを全ての高等学校、中学校、小学校に完備することなどが掲げられている。私のような高齢者は、どう考えてもつまらない教育現場の状況以外に浮かんでこないが、きっと自分の勉強不足のせいだろう・・
 今回の笹生議員の質問では、②の市長らの優先接種についての質問の方が興味深い。
これも年寄りのせいか・・どう考えても、市長という職にあって、市民より先に自分の命の保全を考えるという考え方を、平気で持てるという神経がわからない。私が古いのかなあ???





nice!(0)  コメント(0) 

袖ヶ浦市議会一般質問 3 [議会ウオッチング]

 昨日に続き一般質問二日目(11日)4人の登壇者について、質問内容をお知らせする。kawakami

◆ 塚本幸子議員  大綱1点目 コロナ禍から市民の命と健康を守るためのワクチン接種等対応策の改善について、項目5点を挙げてずさんな接種方法について追及・・・64歳以下の接種が続くことから現在の先着順競争予約手続きの過ちを指摘し、その改善方向を細部にわたって指摘し求めている。
 大綱2点目は、千葉・鴨川線の交通安全対策についてである

◎ 大綱1点目・・このことは、6日(日)新聞折り込みにして出した私たちのチラシ内容と全く同じである。政府分科会は、袖ケ浦市が行った方法は過ちであり、改善するべきであることを明言した。直ちに改善に着手すべきである。また塚本議員は市長、副市長、教育長の優先先行接種に対する疑念を指摘している。議会上できちんとした説明をするよう要求したい。
  大綱2点目・・平岡公民館に所用で出かけたとき、この線が開通されたことを知った。従来の道路が消え、新しい道ができていた。そのために事故が起き、住民の不安・苦情があるという。当然事前に説明会もあったであろうに…何が起きているのであろう?

◆ 吉岡淳一議員 
 大綱1点目 君津広域廃棄物処理事業について 項目は溶融炉とCO2排出量との関連。さらにパリ協定との関連
 大綱2点目 新庁舎建設について
 大綱3点目 ワクチン接種体制について
 大綱4点目 終活について

◎ いずれも市民の関心が深い問題である。湯浅議員、塚本議員の質問と重なる部分があると思うが、答弁の欠落部分を是非追及していただきたい。

◆ 伊藤敬 議員
 大綱1点 地域包括ケアシステムの深化・推進について

◎ 袖ケ浦市における『地域包括ケアシステム』は、前出口市長が民間に委託することなく、行政として取り組まれたこと。医療分野でのさつき台病院・猪狩先生を中心とする積極的提言もあって、他市にはない充実したものとして組織化が進んでいると私は見ている。伊藤議員がこの問題に関心を持たれることは、2025年問題を目前にして、嬉しいことだ。このことについても6日にお手元に届く、新聞折込チラシに私達の主張の一部が掲載されているので、是非参考にしていただきたい。

◆ 励波久子 議員  励波議員の質問を期待していたのだが、ご本人も含め、ご家族全員が体調を崩され、欠席のやむなきに至ったと聞いた。一日も早い回復を祈念する。

(明日に続く)



nice!(0)  コメント(0) 

袖ケ浦市議会一般質問 2 [議会ウオッチング]

 一般質問10日(木)4人の方が登壇される。4人の方の質問内容と、井戸端会議で出てきている疑問について、質問と併せて知りたいことを記録しておきたい。
                         Kawakami

1、湯浅榮議員   大綱1点「家庭系ごみ処理手数料(ごみ袋の値段)」の見直しについて
◎ 非常に興味深い質問である。県内17自治体は無料であるという信じられない自治体がある反面、今回のごみ袋の異常なまでの値上げ。
 広報5月15日号にはごみの総排出量がグラフで出ている。2015年から2017年まで下がり続けていた排出量が、2018年・19年とぐうんと増えている。なぜなのでしょう。行政はこの質問になんと答えるのでしあろう。
 処理施設全面肯定であれば、ゴミが少なくなっては困るということと、ゴミの減量目標との関連は?どんな回答が出るのかな? 湯浅議員の質問に期待!

2,根本駿輔議員  大綱1点 安心安全な子育て・教育について
◎ 保育施設数、児童虐待、施設の老朽化の三点が質問項目である。根本議員は教育分野でも「コミュニティスクール」問題等、目立たない問題について掘り起こしての質問をされている。私が今一番気になっていることは、「不登校児童・生徒問題」である。毎年のようにどなたかが質問されているが、そのたびに数がぐんと増えている。しかし、誰も深く探求しない。そこを追及するということは「貧困と教育」という問題に突き当たるからだ。
 根本議員が、さらなる教育問題における子どもたちの置かれている状態とその対策について、根底に潜むものを掘り起こす冒険に突入してほしい。

3、木村淑子議員   大綱2点 1点は高齢者支援 2点目は選挙投票である。
◎ 1点目では、一人暮らしの高齢者への支援の問題を取り上げている。私たちの自治会にも多数いらっしゃる。前に前田議員が、親せき縁者のない一人暮らしの高齢者が、市役所に自分の死後の処理について相談に行ったら「市では対応できない」と断られたことを取り上げていらした。残念ながらその時の答弁内容は不明だが、そういう切実な問題を多くの一人暮らしの方は抱えている。高齢者支援課では「エンディングノート」を希望者にくれるということを広報で見た。「一歩前進だな・・」と思ったが、さらにどのような答弁が出てくるのか楽しみである。
 2点目では、選挙投票率の低さ、別な言葉で言えば「おまかせ民主主義」は自分の首を絞めているようなものであることを、どうやってわかってもらえるか・・・市がどのような具体的事実を課題としてとらえているのか・・しっかりと聞きたい。

4、佐藤博文議員  大綱防災対策について  有害鳥獣対策について である。
◎ 気候変動による自然災害は、日常的な問題になってきた。災害の種類によって、避難場所も違ってくる。東京湾直結地震などの場合は津波がどっと来る。私の家は段丘の下の部分、津波に気が付いたら、段丘を上って避難。風水害の時は段丘に上らなくても避難場所に行けばよいのだが・・・両方とも避難場所の指定は不明である。市内を見渡しても、避難個所の絶対数はあるのだろうか?
 有害鳥獣対策について  年々増加・・農家の話を聞けばすさまじいものである。私はただそれを聞くだけで、意見を出す自信はない。佐藤議員はご自身の解決策案をお持ちなのであろうか?できれば対案を提起することはできないか・・という希望を持っている。


nice!(0)  コメント(0) 

6月袖ケ浦議会一般質問 1 [議会ウオッチング]

 今議会の一般質問は10日、11日、14日の三日間で行われる。12名の議員が登壇する。一桁続きの定番質問であったが、ようやく今議会は二ケタ台12名の議員が登壇するのだ。まず日程を報告する。支持者はカレンダーに印をつけよう。長浦公民館に傍聴に行く人が増えてきた。いいことだ。

◆ 一般質問登壇者の日程
 
湯浅 栄 議員  10日  10:30頃
根本駿輔 議員      13:00頃
木村淑子 議員 14:00頃      
佐藤博文 議員      15:00頃

塚本幸子 議員  11日   9:30頃
吉岡淳一 議員 10:30 頃
伊藤 啓 議員      13:00頃
励波久子 議員      14:00頃

稲毛茂徳 議員  14日   9:30頃
伊東章良 議員      10:30頃
篠崎典之 議員      13:00頃
笹生 猛 議員      14:00頃

 以上12名である。明日質問項目12名22件をお知らせする。
                  kawakami

nice!(0)  コメント(0) 

「先着順予約方法」緊急提言 [コロナ問題]

 ワクチン接種について、31日東京新聞「本音のコラム」の中で宮子あずさんの次の発言に注目したので紹介します。 (クリックすると大きくなりますのではっきり読めます) 

ワクチン接種方法.PNG


 数日中に新聞折り込みで、先着順予約性の弊害と優れた自治体での実践例、さらに、袖ケ浦市長  副市長 教育長の「優先接種」等について私たちの主張を掲載したチラシが届きます。
是非お読みください。行政は市民が混乱するような方法ではなく、優れた先進自治体に学んで、安心して接種できる体制を整えてくださるよう改めて切望します。

 高齢者が終わると、次の接種予約は、64歳以下に移ります。まだまだ続きます。
「過ちてはあらたむるに憚ることなかれ」
                            kawakami


nice!(0)  コメント(0) 

オリパラ中止損失額 [その他]

 会員からの投稿です。 kawakami

週刊ダイアモンドオンラインで記事・・「たった」1.8兆円。損失の合理的比較

 1.8兆円。この金額が大きいか小さいかと聞かれれば、誰もが「とても大きい」と答えるでしょう。日本企業の時価総額で言えば楽天グループや住友商事とほぼ同規模。
イスラエルの年間の軍事予算にも迫る額です。
 さてこれは何の金額でしょうか?答えは東京オリンピック・パラリンピックを中止したときに想定される経済損失の額です。中止の打撃はやはり甚大、と考えてしまいそう。
ですが物事はすべからく、比較して大小を考えることが重要です。

 オリ・パラ中止の損失額をはるかに上回る経済的打撃をもたらしているのが、度重なる緊急事態宣言です。初回の緊急事態宣言による経済損失額の推定値は6.4兆円、2回目が6.3兆円、今実施されている3回目は延長されれば3.2兆円に達する見込みです。
 合計すれば16兆円近い経済損失を日本にもたらしているのが、この緊急事態宣言なのです。

 この額に比べれば、オリ・パラ中止による打撃など「たった1.8兆円」と表現することも可能です。


nice!(0)  コメント(0) 

病床・看護師削減法案通過 [医療問題]

◆ コロナで医療崩壊になっている真っ最中「病床・看護師削減法案」通過とは?

 「看護士削減、病床数削減法案」が20日の参院厚生労働委員会で、自民、公明、維新、国民民主各党の賛成多数で可決されました。
 本会議でも国民が知らないままでしょう、さらに先日70歳以上の方が窓口で負担する10%の診療費が20%に上がっていますね
 まさしくコロナとオリンピックやるかどうか?に目が向いているスキにお金盗む火事場泥棒 これが自公維新+国民の姿

  マスコミはコロナだけでなく、このような火事場泥棒とワクチン作れない後進国日本の姿に気づかせる記事を書くべきですね
 ワクチンも作れないし驚いたことに風力発電機も作れなく、英国やデンマーク、スペインの会社から買うしかない
 今頃になって慌ててそれらの会社に投資したり、協力関係を結んで技術習得のための動きは環境関係冊子に満載


◆ このことを知って早速投稿原稿到着

 おはようございます。戦後、ず~と政権の座にいた自民党が原子力村との利権共有で、再生エネルギーに金を落とさなかったなれの果てでしょうね。挙句の果てに311の事故を起こし、日本経済が疲弊しているところにコロナの災禍。日本人は多分、「変わり身」が苦手なのかもしれない。
 農耕民族だからでしょうか?

 この状態から抜け出すためには自民党を政権の座から追い出さない限り無理だと思いますが・・。

                         投稿 会員から




nice!(0)  コメント(0) 

噂話 [その他]

 読者から、いろんなメールが届きます。今朝はこんなメールが届いています。噂話ですが、「火のない所に煙は立たぬ」本当でないことを祈ります。 kawakami

ブログいつも拝見してます。
ワクチン接種変な話ですね。

市役所関係者ですが、優先接種枠を議員が持ってると言う話が出ています。

私の友人の父上のところに話が来たそうです。
その方は断ったそうですが、袖ケ浦市の状況考えるとあり得る話です。

nice!(0)  コメント(0) 

2025年問題 [医療問題]

まず下の画面をクリックして大きくしてみてください。びっくりします。 kawakami


医療危機.PNG

今医療が崩壊している中にあることを上の張り紙は訴えています。

いま政府は「病床と看護士を削減する政策」なるものを国会に提案しているのです。

「2025年問題」ご存知ですか?戦後生まれた「団塊の世代」が75歳を迎える2025年
日本がさらなる「超高齢社会」に突入することで 、2025年には75歳以上の後期高齢者
人口が、2,180万人になると予測されています。そのことを想定し、病床が多いと看護士
も必要になり医療費がかかる。
だから今から病床と看護師を削減するというものです。
「非常事態宣言中」で、今助かる命が助からない医療崩壊がすでに起こっている今、
コロナ下に隠れて国会でこれを成立させようとしているというのです。
その上に医療保険料の値上げが続きます。
 高齢者が人間の尊厳を全うすることを保障する意思なしの政策です。

こういう政策を考える政権をあなたは許すのでしょうか。

https://www.ajha.or.jp/news/pickup/20210501/news11.html

病床削減推進法に対する倉林議員の反対討論(要旨)/


nice!(0)  コメント(0) 

粕谷市長、花澤副市長、御園教育長のワクチン接種 追加編3 [市政全般]

 笹生猛議員のブログ、この項目3と4について昨日に続き紹介します。  kawakami


 実は、この情報提供より前の5月14日(金)に副市長室でワクチン接種の状況等について、副市長と担当部長と話をしました。

 それは15日(土)16日(日)の両日、地元で市政報告会を行うために同僚議員と打ち合わせをして、最新情報を仕入れるために担当課に出向き、そのあと副市長室に行ったのです。

◆ 一切口にしかった「事前優先接種の実態」
 この時点で、杉ホールディングスの優先予約や 茨城県城里町の優先接種町長の話が出ており「袖ケ浦市は大丈夫なの?」という声があったので、副市長に確認しました。
その時副市長は「ルールを作ってやります」と言っていました。
ワタシも「ルールを作って公開した方がイイ」と進言しました。

 この時説明のあったルール素案は情報提供にあった内容であったと記憶しています。
その時
「ワタシも以前から思っていたが、ワクチンが余ったらすぐに対応できる職員等にはってのはどうなの?」
と聞いたところ「接種の関係者が優先です」とハッキリ一点の曇りもありませんでした。

◆ 危機管理上必要な措置なら堂々とやれ!
何度も言いますが「危機管理上、市長等が接種するのはあり得る」と考えます。
しかしそれは「ルール明確にしてから」なのです。

 今回のこと、私の耳に入る限り「市民は怒っている」のです。
それは「高齢者のワクチン接種の予約が取れず、イライラや不安が募っている状況で、
なんの規定も説明もなく接種しちゃった」ということなのです。

(つづく)
◆ 市長は上級市民か?
 最近、何らの立場の人が「優遇?」と思われると”上級国民”と言われてバッシングされます。
では市長は上級市民なのでしょうか?

 ワタシは「特別な立場」だと思います。ですが「優遇されるのは違う」と考えます。
特別な立場なので、普通とは違うことがあるのです。その場合「シッカリとした説明をすれば問題ない」のです。ただし「スジの通った説明」でなければならいのです。その上で見解の相違や賛否が分かれるのは避けて通れないのです。
 ここを受け止める器量と覚悟が必要ではないでしょうか。
賛否が分かれても逃げてはならないのです、目を背けてはいけないのです、耳をふさいではいけないのです。

◆ 通底する説明不足
 今回の場合、「市長は上級市民だから便宜を受けた」というのとはチョット違うのではないかと思います。ただ、「誤解が生まれるような状況を作ってしまった」ことに問題があると考えます。

 粕谷市政が始まって約1年6カ月になります。
辛辣な物言いをしますが「説明が足りない」と大事な所で感じるのです。
所信表明や予算編成時の施政方針、最大は市庁舎建設に関してもそうです。

 この市庁舎建設でも再三再四「前提が変わったので説明を」とあらゆる場面で行っても、本日、市庁舎の起工式を迎えるまで議会にすら説明がないのです。

 今回のワクチン接種も「先に打ったことが問題ではなく、説明が不足している」ところが問題をややこしくさせているのです。

 初めから「危機管理上、先に打ちます」と言えばいいだけなのです。
現在、接種予約で混乱して市民の不満が大きくなっている中で、マスコミ報道で公になってからの説明は聞きずらいのです。
それは茨城県城里町の例でも明らかなのに・・・

 個人的に残念なのは、副市長に「袖ケ浦市では不適切なことはないですよね」と直接聞きに行ったのにこの様です。
 その時の説明と現実が全く違うのです。
これには「オイオイ」と少々ゲンナリしています。

 この件で「6月議会でヤレ」という声も届いています。でも今回の件は、市長を非難するのではなく、市政が信頼されるためのプロセスと市長の在り方が問題だと考えます。

「市長は上級市民なのか」と言われること自体が大きなマイナスなのです。
この「思われること自体マイナス」という考えを含んで行政経営するかどうかは市長の政治姿勢なのです。それを市民がどのように判断するかなのでしょう。

 ワタシも冷静になって考えてみます。

(終わり)









nice!(0)  コメント(0) 

粕谷市長、花澤副市長、御園教育長ワクチン接種 追加編2 [市政全般]

 笹生猛議員は、ブログを作り自らの政治生命をかけて、ご自分の考えを市民の前に明示されていらっしゃる。私はいつも読ませていただいて、そのスカッとしたさわやかさに魅かれている。今回は、上記ワクチン接種についてご自分の考えを述べていらっしゃる。ご本人のご了解を得てここに紹介させていただく。なお4回の連載になっているので、ここでは2回に分けて紹介する。  kawakami

 本日の夕方、LINEに「市長がワクチンを優先接種した」という一報がありました。
これに関しては

余剰ワクチンを市長らに優先接種、千葉・袖ケ浦市
市長ら19人、余剰ワクチンで接種と発表 市長「行政停滞させぬため」 千葉・袖ケ浦
と各社取り上げ、世間をにぎわせています。

内容は
市によると、粕谷市長は高齢者施設での接種巡回後の今月11日、接種の際に出た余剰ワクチンを市保健センターで接種した。花沢一男副市長(67)と御園朋夫教育長(64)は先月30日、医療従事者への接種の際に出た余剰ワクチンを市内の病院で接種した。
とうものです。

ワタシは「危機管理上、関係者の優先接種はあっても良い」と思っています。
が・・・

(つづく)
 5月17日(月)に議員に情報提供ということで下記のようなメールが来ました。
そこには余剰ワクチンの接種優先順位が書いてありました。

担当課 健康推進課 0438(62)2111( 内311)

発 表 事 項
1 項 目
 新型コロナウイルスワクチン集団接種予約に係るキャンセル対応について

2 要旨及び経緯
 新型コロナウイルスのワクチン接種が急がれるなか、予約がキャンセルされた等の理由で余剰となったワクチンについて、廃棄する等の無駄を出すことがないよう接種を進める必要があります。
 このため、明日から始まる集団接種では、社会や暮らしを支えるエッセンシャルワーカーを優先したキャンセル対応をすることによりワクチンの有効活用を図ります。
 なお、危機管理の観点から特別職が、また、集団接種会場の運営業務従事に当たる市職員1 6 人が、医療従事者及び高齢者施設での接種の際に発生した余剰ワクチンで、1 回目の接種を既に済ませております。

3 キャンセル時の優先対象者
・接種会場従事者
・居宅サービス事業所等の介護従事者
・6 5 歳未満の高齢者施設等入所者
・保育所・幼稚園等の職員
・小学校・中学校職員及び放課後児童クラブ職員

4 問合せ先 健康推進課 渡邊 0438( 62) 2111 内線311


ここには「市の特別職」の記載は一切ありません。

42歳の茨城・城里町長が余剰ワクチンを接種と報じられ、この町長の言い分に対し、
同記事内で厚生労働省は「町長など首長が含まれるかは規定はない」としています。

ただ、私は「危機管理上、特別職が接種することはあり得る」と考えています。
ただ、「明確な規定を作った上で」と付け加えます。
                        (明日に続く)




nice!(0)  コメント(0) 

粕谷市長、花澤副市長、御園教育長のワクチン接種 追加編 [市政全般]

 市長、副市長、教育長3人の接種についての投稿が続いていますので、追加編をお届けします。
                        kawakami
 

今日の真相報道バンキシャで、各地の接種状況が報道されていました。新潟の三条市では、キャンセルがあると、すぐ学校の先生が来ました。
 埼玉の川口市では、同じようにキャンセルとなると杉消防士の方が来ています。
ふたつの市ともに、キャンセルがあったときの対応として、教師、消防士にキャンセルの場合の予約を準備していたというのです。

 そういう準備をしないままに、キャンセルがあったからと、市長、副市長、教育長がのこのこと出かける。(あるいは待ってましたとばかりでかける)そのことが問題であるということに気づいていない神経・・・それが問題なのです。さびしいことでした。      一市民

 

 
nice!(0)  コメント(0) 

ワンマン列車問題山積 [JR東日本千葉支社の利用者切り捨て]

 鉄道研究家の山の井さん.房日新聞に136本目の投稿が掲載されました。(5月20日) Kawakami

 今月7日の梅澤さまの投稿を拝読。最初は目を疑いました。それは、先月20日の江見駅での高齢者の方のワンマン列車の降車時の事故トラブルの記載。
 実は私の方で、先月15日の関東運輸局来訪以降、ワンマン列車などの問題の改善の有無を調べ、あらためてその中身を文面にまとめようとするタイミングで、梅澤さまの取り上げた話題が飛び込んできました。

 私は早速、関東運輸局、千葉県庁交通計画課、存じている国会議員や県議会議員へその内容を伝えました。特に千葉県庁に関しては、毎年出す、鉄道会社への要望内容をとりまとめる時期が近いです。江見駅や3月16日の太東駅での事故トラブルについては、お客さんの人命の観点から緊急要望事項として取り上げるよう働きかけをします。

 梅澤さまの投稿で指摘の通り、運転士が確認するモニターは列車外のみ。車内はありませんが、防犯カメラが2台あります。イ
 レギュラー時にリアルタイムで使用ができるよう改善ができないだろうか。
 運転士が確認するモニターは、乗降ドアを操作している間しか映像がでません。しかも、画面が小さく素人でも見づらい。
 駅のホームの両先端のあいだに映像時間をひろげる必要があるのではないか。

 鉄道会社の幹部が、ほかの線区で導入して問題ないからワンマン運転をはじめたという発言がありました。
 今回の江見駅と、3月の太東駅での事故により、その発言には説得力はなく、むしろ、公共交通機関として単純で無責任に聞こえ
るのは私だけでしょうか。

 ダイヤ改正以降、ワンマン運転などに関わる改善の有無になりますが。
保田、岩井、富浦の各駅ホーム待合室に、やっとワンマン列車の停止位置の注意書きの掲示が。
また、上総湊駅のホーム待合室には時刻表が。
加えて、保田、安房勝山、岩井、富浦、那古船形、九重の各駅に、最寄りのみどりの窓口の駅まできっぷ購入目的で向かう場合の運賃無料扱いの掲示も。
先月の運輸局の要望には含めていませんが、竹岡駅近くの高磯、保田の妙本寺の各踏切で非常ボタン設置工事が。これにより、君津から岩井までのすべての踏切に、非常ボタンがつきます。

 一方、朝7時の上り2両ワンマン上総湊行き、朝7時の下り2両ワンマン上総一ノ宮行きの車内が缶詰状態。コロナの3密対策が確保できず改善されません。この2列車については、代案を用意の上、平日の車両増結などの働きかけを。
 竹岡、千倉の2駅については、列車の行き違いがない場合、原則1番線発着に。成田線や総武本線、東金線の一部の駅で実施していて、できない理由はないです。
 ワンマン列車のドア押しボタンに、点字シールがつけないまま。健常者の方でさえ、ドア押しボタン操作に一苦労するのに、視覚障害の方はなおさらです。鉄道会社の音声を頼りにドア押しボタンを操作というのは、当事者の方に対して全く配慮に欠けています。

 最後に。
 ワンマン運転列車に関わる生じている問題点について、お客さんへのその不安払拭に取り組んでいる姿勢を、鉄道会社から全く伝わりません。太東駅の転倒骨折事故については、いまだ正式な発表もされない。
 私は公式な場において、鉄道会社自らが、お客さんに納得できる事故防止、改善策の説明をしていただきたい。公共交通機関として、責務ではないでしょうか。





nice!(0)  コメント(0) 

粕谷市長、花澤副市長、御園教育長のワクチン接種・・?? [市政全般]

 今日も重たい投稿が続いています。  kawakami

◆ 粕谷袖ケ浦市長、花沢副市長、御園教育長が高齢者優先接種に先行して、ワクチン接種を受けていたというニュースについて

 市長と同世代の人間として一言書かせていただきます。
 個人的には危機管理の観点から自治体のトップが優先的に接種を受けることについては理にかなっていると思います。
 ただ、問題なのは市民感情に寄り添った説明責任を市役所担当課、市長らが怠っていたという事です。
 さそう猛市議会議員のブログによると5月17日付で市議会議員向けに健康推進課から以下のような情報提供があったという事です。

袖ケ浦市長らのワクチン優先接種について 2 | 袖ケ浦市議会議員さそう猛の袖ケ浦刷新! (ameblo.jp)

担当課 健康推進課 0438(62)2111( 内311)
発 表 事 項
1 項 目
 新型コロナウイルスワクチン集団接種予約に係るキャンセル対応について

2 要旨及び経緯
 新型コロナウイルスのワクチン接種が急がれるなか、予約がキャンセルされた等の理由で余剰となったワクチンについて、廃棄する等の無駄を出すことがないよう接種を進める必要があります。
 このため、明日から始まる集団接種では、社会や暮らしを支えるエッセンシャルワーカーを優先したキャンセル対応をすることによりワクチンの有効活用を図ります。
 なお、危機管理の観点から特別職が、また、集団接種会場の運営業務従事に当たる市職員1 6 人が、医療従事者及び高齢者施設での接種の際に発生した余剰ワクチンで1 回目の接種を既に済ませております。

3 キャンセル時の優先対象者
・接種会場従事者
・居宅サービス事業所等の介護従事者
・6 5 歳未満の高齢者施設等入所者
・保育所・幼稚園等の職員
・小学校・中学校職員及び放課後児童クラブ職員

4 問合せ先 健康推進課 渡邊 0438( 62) 2111 内線311



 これによると市長をはじめとする3名は特別職として、キャンセル時の優先対象者より上位に来てしまい、しかも優先接種を受けたことが事後報告になっています。
 これでは高齢者をはじめとする市民感情を納得させることができないばかりか、特権的地位の乱用と受け取られても仕方がないのではないでしょうか。

 市民に事前説明をしっかりと行い、同意を得たうえで行動に移す。市政運営の基本がおざなりにされている一端を見た思いがするのは私だけではないはずです。

同世代・一市民から



nice!(0)  コメント(0) 

粕谷市長・花澤副市長・御園教育長ワクチン接種 ?? [市政全般]

 粕谷市長・花澤副市長・御園教育長、コロナワクチン先行接種のニュースに、疑問・抗議の投稿が続いています。「市長!あなたもか!」の声をお届けします。   kawakami

◆ 粕谷市長がワクチン接種
   一市民
19日の東京新聞によると、
 新型コロナウイルスのワクチン接種を巡り袖ケ浦市は17日に次のようなことを明らかにした。
粕谷市長(44)は11日、高齢者施設で「ワクチンの余りがでた」と連絡を受け、施設に出向いて接種を受けた。花沢副市長(67)、御園教育長(64)も同様に4月30日に接種した。集団接種会場の運営に従事する市職員16人もワクチン接種を済ませた。いずれも高齢者施設などで余ったワクチンを無駄にしたくなかったためとしている。
粕谷市長は「一人分でも無駄にすべきではないと考え接種を受けた」とコメントした。

 この記事を読み、余ったとは言え自分たちが一般市民より優先的に接種を受けることに何の疑問も持たなかったのかと思う。全国でも同様の事例が報道され批判されている。
4月21日の第1次の予約申し込みには65歳以上18,000人に対して2000人分しかワクチン枠がなく電話が殺到して、一日中何十回と電話してもつながらず予約が取れない人が大勢いた。

 ワクチンを無駄にしたくないということはその通りだが、予約を取れない高齢者にワクチンを回すような手はずを整えておかなければならない。他市では予約の補欠候補を決めていて、余ったときはその人に連絡して無駄をなくすようにしているところもある。

 ワクチン接種予約でも電話が殺到し、何度かけてもつながらない状況も、他市のように年代別に予約するとか、申し込みをすべて受け付け抽選で決めるとか、市が高齢者から順に会場を割り当て通知をするとか、いろいろ工夫している市があるなかで、袖ケ浦市は何の工夫もせず(市のトップが工夫をするよう指示もせず)、おまけに市の一番トップの三役が特権的に接種を受けるとはリーダーの資質が疑われる。

◆ あきれた!市民の順番を「窃取」!         ペンネーム 美深三郎
 
 公約に「市民の身に寄り添って」という、震えるほどいい言葉があったのに・・
① このコロナの真っ最中に、「市庁舎建設は、私の政治課題の第一」と新聞紙上でよくぞ平然と言え   たものだとあきれた。
② ワクチン予約では、ちょっと考えればどういう状況が起きるか、考えなくても同じ過ちをおかした自治体の状況を見れば、すぐわかることであろうに、何らかの手も打たず、接種キャンセルで、余ったからと、副市長と教育長を誘い込んで(喜んでいく方も問題)みんなで渡れば怖くないとばかり、接種会場に飛んでいく。これが粕谷流「市民の身に寄り添う」ことなのか?

 東京新聞20日号の「本音のコラム」を紹介しておく。(クリックすれば大きくなります)

ワクチン接種.PNG

 



nice!(0)  コメント(0) 

台風災害に樹木の整備を [天災・自然災害]

      台風災害に樹木の整備を           

 袖ケ浦市長浦駅前交番横の狭い道路を降りたところに、小高い里山がある。5月12日、この狭い道に重機がやってきた。この里山をよく見ると樹齢300年は超えるであろうと思われる椎の木が、道路に面して縦横に枝をはり存分に緑を滴らせている。その周りには奥深く狭い樹間で名も知れぬ大樹が、ぎっしりと里山を埋め尽くしているようだ。
ここで何をしようとしているのだろう。
 地主の進藤さんにそのことを聞く。話の概要をメモすると・・・

 2019年9月9日に来襲した台風15号は、袖ケ浦市に甚大な被害を及ぼした。2000件の断水、停電
3128軒の住宅が全壊、半壊、一部損壊の被害を被っている。その上、市内道路47路線で倒木が随所にみられた。この日の風速、木更津で49.0mであったという。

 この気候変動による台風襲来は、このような「自然災害に強いまちづくり」の必要性を求められ、その政策が具現化しつつある。しかしこのことは、歴史ある樹木を大切にするだけでなく、倒木という今までにない災害にどう対応するかという問題を抱えることになった。やはり樹木も、植えればよいというものではなく、倒木に耐える手入れが当然必要になってくる。
 その試行として、今年の台風に備え、この里山を整備しておくことにしたのだ・・・という。

 わかるけれど、経費も相当な額になるであろうと思ってしまう。(もちろん自費)これで行政も、公立の公園や施設、それに並木道の樹木の整理となったら大変なことであろうと推察する。おまけに、県が指定する急坂危険区域も袖ケ浦は結構多い。樹木だけではなく廃屋の問題もある。どうするのであろう・・財政は緊迫の状況???
 このまま書いていくと、行政批判につながりそうだからこのあたりまででパソコンを閉じるとしよう。行政の健闘を期待したい。

 それにしても、今回の伐採作業にかかわっている業者の状況を聞いてびっくりした。
請負業者(市原市)の社長は85歳。社長自らチェンソウ使い、現場を指揮している。
 地上10mの枝切りをゴンドラに乗ってしている作業員は74歳。
 クレーン車(24t)を自在に運転している作業員は、この方も74歳。
 下働き3人いずれも75歳以上。
いずれも大変なパワーの持ち主で熟練の作業員たちであった。
幸い好天に恵まれて、一週間の予定が5日間で終了した。

 ふと気づいたことは、「こんな困難な作業をする若い人は今後出てくるのだろうか・・」ということであった。

 「市民の中で、立木伐採についてもしお考えの方がいらしたら、私の経験が何らかのお役に立つかもしれません。遠慮なく私宛ご連絡ください。」
との進藤さんの言葉を最後にお伝えしておきたい。 
電話番号 090-5315-3245

里山整備.PNG
( 里山整備)

樹木伐採.PNG
   (伐採風景)



                                



nice!(0)  コメント(0) 

日本の危機管理のレベルの低さ 4 [コロナ問題]

 今日でこの連載を終了します。   kawakami


 日本のコロナ政策の間違いの背景
オリンピックを行い、その勢いで政権を維持しようとした自公政権
PCR検査をできるだけ少なくして感染数を少なく見せようとし失敗!!

 元首相安倍晋三のご都合政治の影響は厚生労働省の官僚に波及、オリンピックをどうしても実施したいとの背景からPCR検査を大規模に行うと
1. 1名の感染者をみつけることにかかるコストが大きい
2. 大規模PCR検査は患者自身が発熱などから自主的に病院に検査にくる場合と比較すると感染者数が何倍にもなって不都合である。

 その結果、厚生労働省の官僚を通じ、以下の理由をつけて大規模なPCR検査をしないこととした?。
『 PCR検査で疑似感染者が多くでると病院の医療体制を破綻させる 』
https://www.tokyo-np.co.jp/article/61139

 実際に私と私の家族での体験を報告します。
袖ケ浦市在住の私の次男の妻はコロナに感染しました。隣の木更津市に住んでいた妻の弟も母も感染しました。
 どこで感染したのかは不明ですが病院で働いていますので患者さんから感染したかも知れませんし、ショッピングで感染したかも知れませんがいずれにせよ感染元は不明です。

 問題は感染元ではなく体調異常を感じてからの保健所の対応です。
(注意:追求したいのは保健所職員の対応ではなく政権の国民医療の考え方の問題)
異常を感じて保健所に連絡し保健所から紹介された病院でPCR検査を行い感染確認した時点で成田空港近くの隔離病院に行くか問われました。 行く場合は公共交通機関を使わないことの条件も言われました。
 あまりにも遠距離であり、交通不案内などもろもろのことから自宅軟禁での回復を待つことを選択し
小学生・中学生・夫婦の5名が軟禁状態で自然回復を待つこととなりました。

最初に驚いたことは
●濃密接触者であった子供・夫がすでに感染しているかも知れないのにPCR検査はされませんでした
●10日過ぎて異常がなかったら職場復帰、通学再開しても良いとの話、職場復帰前、通学開始前にPCR検査で本当に家族に感染がないか確認しようとしませんでした。 夫の会社からもこの点が心配され、夫は心配で自主的にPCR検査を行った。
●自分も次男の妻が発熱する数日前に接触していましたし、当時体調不良で若干の熱があったので保健所に電話してPCR検査を要請しましたが無料のはずのPCR検査に自主検査で3万円自己負担と言われ病院を指定された。
指定病院で経過とすこし熱のあることを病院に話した結果、保険摘要で1割の3千円代負担でPCR検査実施、結果は陰性でした。 でも警戒した会社は勤務予定を変更していたので7日ほど出勤できなくなりました。  大きな減収です。
●次男妻の勤務先病院従業員はPCR検査しましたが隔離前に病院に来た患者のPCR検査はしていません
(病院は風評被害を怖れたのでしょうー>国の病院への減収分保証制度があれば患者さんにも知らせPCR検査していたと想像します)

 このようにPCR検査を徹底しないことが感染拡大の大きな理由
報道では若い人は感染しても無症状、軽症で感染の原因になっていると言っているのに感染者と同じ住まいに軟禁しただけであり、この軟禁している期間に若い家族に感染して、さらに無症状かも知れないのに解放してしまう、このことが感染の連鎖の原因と私は思いました。

◆ 韓国と台湾の対応は
 韓国はキリスト教の集会で感染が広がったことが報道されました。 一部の参加者は集会に参加していたことを内緒にしていたことで全国に広がり一時、日本と比較して何倍もの感染者数になりました。
しかし、韓国は1名の感染者を発見したら勤務先など全員のPCR検査を行い、次第に沈静化して現在に至っています。全国感染者数で日本の1大都市のレベルです。成功といえるでしょう

◆ 台湾はさらに徹底しています。蔡 英文という女性大統領は国民に対し国家の危機を明言し、厳しい措置の必要性を理解してもらうことを第一に行い、以下の対策をとった。
★ 1月末には台湾にいる中国人観光客を強制帰国させ、2月の初旬には完全に中国人の入国をストップ、3月には「鎖国状態」にまでしている。このような水際対策と同時に、帰国入国した人への隔離処置、健康管理も徹底的に行っている。
★ロックダウンを伴った徹底した隔離処置 14日隔離措置に違反したら36万円の罰金、蔡英文総統は、この隔離協力者を「防疫ヒーロー」と呼んでおり、隔離期間を満了すれば台湾政府から約5万円の防疫補償金が支払われる。 その結果

台湾の2021年4月26日現在の感染者数、死亡者の累計

台湾の感染者数.PNG

台湾は累計の今年の4月26日までの累計感染者数1104名
日本の5月9日現在の厚生労働省の発表で新型コロナウイルス感染症の感染者は633,027名、死亡者は10,823名となりました。

★日本は死者1万人、900倍を超えたのです。
それでも従順な日本国民は政府が真面目に取り組んでいるとテレビで首相のコメントを見て信じていますし、マスコミは海外の成功国の政策の違いや、感染数などの統計、ワクチン接種の進捗を比較し発表していませんので知りません。

★ 米国ではコロナは風邪と言って感染を世界一にまん延させたトランプからバイデンに代わって大規模ワクチン接種実施でまもなく優等生国家の仲間入りしそうな勢いです。
つまり政治家、政策の差で大きく変わるのです。

 私達日本のワクチン接種完了の時期が見えないのにオリンピック、GOTO再開?
 オリンピックはスポーツの祭典、スポーツを通じての選手同士の国際交流、、、といった平和なイメージがありますが選手は純粋な気持ちであっても、取り巻いている政治家や企業は利権絡みのドロドロの世界・・・それを反映しているかのように飲食店に対する営業やイベント制限は経済を疲弊させるとしてコロナと共存させる政策を匂わせるような発言が西村大臣からでていました。
困窮する飲食店からの反発で保証金アップではなく営業制限緩和で妥協の道を選ぶように自分には聞こえました。迫りくる選挙への意識でしょうか?
 これは国民の命より大企業からの要請、選挙、オリンピックを優先、3.11被災者の無視と過去の感染症、災害から何も学んでいない政府と言えないでしょうか?

◆ あるべき姿とは逆の自公政権の政策
 病院の整備、看護師の待遇改善、保健所の仕組み・制度はそのままで負担を押し付けたまま、逆に保険医療費削減を目指し病院の統合や高齢者への診療費自己負担を10%から20%に上げるなど国民の保険と医療体制強化ではなく国民負担を求め、医者、病院・医院、看護師に負担を押し付ける自公政権の政策は今後30年以内に起きるであろうと予測されている首都圏大地震や東南海地震への準備がされていない危機管理の無さとして、袖ケ浦市を含む地方自治体の危機管理、気候変動対策が遅々として進んでいない実態として反映されているように感じる

 自公政権こそがコロナ感染の源、気候危機の加速者・・ここから気候危機問題にもちょっと触れておきたい。
 コロナ対策がオリンピック利権とオリンピックを政権維持の道具としたい自公政権のために徹底した感染防止策、隠れ感染者を見つけるPCR検査をしないことと同じで

 大電力会社と重工業会社の言い分を聞き、未来の日本が3流国家になる危険と地球的市民の命の危険を顧みないで脱炭素政策をわざと遅らせている日本の政府、その自公政権を支えているのか選挙民の無関心ではないでしょうか?

 気候変動サミットや米国訪問でのバイデン意見でしぶしぶと30年CO2排出削減率を46%に上げたと聞きます。
新聞によれば同じ島国の英国、スコットランドなどはすでに45%、41%が再生可能エネルギーになっているとの話で後進国日本は事実のようです。

コロナ感染克服できない国、ワクチン作れない国の日本はすでに先進国として信頼されていません、気候災害の原因物質のCO2削減できない日本はすでに先進国として疑問視、将来経済的に没落が予測されているとも聞きます。

 気候変動による災害もウイルスによる災害も、どの政治家、政党を選択するかで左右されるのではないでしょうか?

     (この連載を終了します)


nice!(0)  コメント(0) 

日本の危機管理レベルの低さ 3 [コロナ問題]

 成功組の感染数の最新状況

 以下のグラフを見てください、最初に台湾の感染状況、台湾の人口は2357万人で
5月8日感染5名、7日間平均7名です。(クリックすると大きくなります)

台湾感染者数.PNG

 日本の人口は1億2,541万人ですから約5倍として日本当てはめると全国の7日間平均35名ということになります。
しかし、昨日5月8日土曜の日本は7249名の感染、7日間平均5188名で、台湾と3桁も違う

日本の感染者数.PNG 


 台湾は国土が狭く人口密集度が高い国で日本335人/km2、台湾は639人/ km2ですからむしろ感染爆発しても不思議ではない訳ですが実際の感染者数は低く、日本との大きな差があって驚きます。

韓国の感染者数.PNG

 ついでにお隣の韓国と比較してみます。人口5,170万、人口密度515人/ km2で5月8日感染者数 564名、7日間平均581名です。 最初のうちは成功でも韓国大統領の色んな政策の失敗で国民の反感を招き、離反と共に日本のようになりつつあります。

 なおコロナと都市人口に関連性があるか近隣国で比較してみますと
日本 東京1397万人、韓国 ソウル991万、台湾 台北265万人、新北市400万人
 台湾の新北市400万人は台北市265万人の隣同士で下の地図のように同一地域で、2つ合わせると665万人で東京の半分ですから感染率との相関性の差がありすぎ、都市人口と感染数は関連性が低いと言えます。

台湾の都市.PNG

     南半球のオーストラリアでも以下の通り成功です。

.PNG

     ニュージーランドでも成功

ニュージーランド.PNG

   このことから国の指導者への信頼感が制圧への大きな要素と分かります。(続く)



















nice!(0)  コメント(0) 

日本の危機管理レベルの低さ 2 [コロナ問題]

 連載が中断されましたが、復活継続します。その2です。 


 コロナ制圧成功のカギは指導者の本心からの国民思いと信頼感であった。
当初のコロナ感染拡大期においてワクチンがまだ無かったのでは少しでも早く患者を見つけ出し隔離することと、人の流れを止めて感染拡散を防ぐ以外なかった。
 そこで成功した国・指導者に共通するのはロックダウンの厳しい対策を行ったことと、それを実行するに際して、指導者は本心から国民に忍耐が必要と話しかけ、国民の心を打って国民の協力を得られたということです。

 このときの演説で評判になったのはドイツのメルケル首相、台湾の蔡英文、ニュージーランドのアーダーン首相でした。

◆ ニュージーランドの国民との会話はNHKのページ
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200625/k10012483371000.html
に書かれた通り、正直にいいことも悪いことも国民に伝えた、その正直さが国民に支持されました。

◆ 台湾の蔡英文は
http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/ogasawara/analysis/coronavirusandtsaiadmin.html
にあるようにコロナ対策ではかなり厳しい対応を実施してNHKテレビでもそれが報道されました。
 その対策が功を奏し二期目大統領選挙では中国の脅しと圧力に国民は屈せずに蔡英文を大統領に選んだ。

◆ メルケル首相、英国ジョンソン首相、仏マクロン大統領、米トランプの演説は東京新聞が録音、翻訳文をhttps://static.chunichi.co.jp/chunichi/archives/ee/feature/coronavirus/addressing_the_nation.htmlにて公開しているので参照願います。

[×] 一方、安倍晋三首相はモリカケをはじめとする反国民的行い、そして公文書改竄、厚顔無恥に国会での質問をはぐらかす態度や、ダイアモンドプリンセスにおける封じ込めの拙劣さなどから、国民は首相を信頼せず、初回の非常事態宣言では首相の呼びかけではなく知事の呼びかけでステイホームをしたものの布マスクや、10万円配布における電通との関係など相変わらずの、安倍政権お友達へのお手盛りを見て、そして首相が菅義偉に代わっても首相の息子の問題を見て“政府の言うことなんか聞いていられない”という心境になってしまっています。

◎ ですから、政府指導者のいうことをしっかり実行できた国は成功組になり、日本のように利権に走ったり、国民の命よりもGOTO利権、オリンピック利権を重視した日本は失敗、コロナをただの風邪として現実を直視しなかったトランプの米国は失敗しました。(続く)

nice!(0)  コメント(0) 

ワクチン接種予約についての市長へのお願い [コロナ問題]

昨日から連載記事が始まったのですが、緊急の投稿記事が入りましたので、連載は中断してこの記事を入れます。市役所担当課、副市長、市長・・そして議員の皆さん・・・この切実な声を聞いてください。                                kwakami


命のワクチン予約は早いもの勝ちでは困ります。 千葉市のように高齢者優先順位にして欲しい。 そして電話番号も無料のフリーダイヤルにして欲しい. 休日を含む毎日予約電話できるようにしてがっかりさせないで欲しい



 袖ケ浦市でも 4月21日に第一回のワクチン予約受付けが行われました。
5月6日に第二回のワクチン予約受付が行われました。
 三回目はまだ公表されていませんが5月24日10時からです。

 予約のためのコールセンターに電話できる時間は10時から18時です。インターネット予約も同じ時間帯です。 https://jump.mrso.jp/122297/
 自分は勤務のために10時をかなり過ぎてから実際に電話しましたが自動音声で
『今、非常に電話が混み合っています、、、、』
との音声ばかりで何度電話しても一向に繋がりませんでした。 仕方なくインターネットで予約しようとすると指定の予約数が決まってしまっていました。

 袖ケ浦市長さん、議員さん、職員さん良く考えた仕組みをお願いします。
65歳以上の方が受付け対象と言ってもワクチンを必要としているのは
1. 高齢者ほど先にワクチンが優先されるべきです。高齢者は自分で予約できないことも考慮すべきです。
2. 基礎疾患を持っている方はなおさら優先されるべきです。
3. 障害があるなど自分で予約することのできない弱者を考慮すべきです。
しかし袖ケ浦市は65歳以上とだけの条件にした結果、むしろ元気な若い方が先を争って電話し、またインターネットで予約してしまったように感じます?。
これで良かったでしょうか?

 熊谷市政を引き継いだ千葉市ではどのようにしているでしょうか?
• 80歳以上の方(昭和17年4月1日以前に生まれた方)は4月21日(水曜日)から
• 75歳以上の方(昭和22年4月1日以前に生まれた方)は5月1日(土曜日)から
• 70歳以上の方(昭和27年4月1日以前に生まれた方)は5月13日(木曜日)から
• 65歳以上の方(昭和32年4月1日以前に生まれた方)は5月21日(金曜日)から

 予約の集中を避けるため、下記のとおり年齢区分ごとに時期をずらして予約受付を開始しました。
65歳の方が予約できるようまで1か月の時間差を設けてより高齢者が予約できるように配慮したのです。 
 これが危機管理の精神です。さすが危機管理を知事選挙で訴えただけあったと感じました。

 でも千葉市のシステムでも不充分と感じます。仮予約システムを設けることで優先度を徹底すべき
優先度の高い高齢者順、そして基礎疾患を持っている方というように優先順で予約者を確定していくシステムにしないとパソコンできない環境の人は取り残されます。
 高齢で判断力が低下している方や若い家族の支援のない方は取り残されます。 そんなことのない仕組みが必要です。

 しかし先進的な千葉市のシステムは袖ケ浦とは段違いです。
https://v-sys.mhlw.go.jp/search/list.html?id=121002&keyword=&vaccineMaker=pf&page=1

https://www.city.chiba.jp/hokenfukushi/iryoeisei/seisaku/covid19-vaccine.html
を参照してください。 そして電話代金も無料

ワクチン接種予約コールセンターの番号が袖ケ浦は 043-223-7200
千葉市のコロナワクチン接種コールセンターの番号は 0120―57-8970です。
8時30分から18時00分まで(土日・祝日を含む)です。

 先進都市の仕組みに学んでほしい、是非検討をお願いします。
また5月初めなのに梅雨前線がやってきているそうで、夏の台風や大雨が心配です。大災害を経験した危機管理の先進都市の施策を参考にして安心安全な危機管理管理の袖ケ浦市にしてください。
 気候危機宣言も2050年排出ゼロ宣言もしていない袖ケ浦市の場合、なおのことと思います。

                       奈良輪さんからの投稿です。



 
nice!(0)  コメント(0) 

日本の危機管理のレベルの低さ [コロナ問題]

「コロナ対策をめぐる日本の危機管理のレベルの低さは・・巨大地震、スーパー台風が心配です。」
こんな見出しの、論文調投稿記事が入りました。会員からです。少し長いので、数回に分けてお届けします。少々刺激的ですが、根拠は明白です。良かったら是非読んでください。

 のぞみ野をはじめ色んな方の話を聞いた話ですが投稿致します。
 私は先日、お腹の不調で3-4年ぶりに入院しお医者さん、看護師さんにお世話になりました。
高齢者時代でもあり、痴ほう症の患者さんに振り回されて看護師さんが手一杯の状況のなかで婦長さんが 
『誰か簡単な補助作業を手伝ってくれる人いませんか?いたら紹介して下さい』 
と同室の患者さんに頼んでいたこと。この数か月前に居た複数の看護師さんが退職したのか新人に入れ替わっている。そしてコロナ下で感染防止をしながらのお仕事の様子を見て、医療をめぐる厳しい状況を実感し、改めて看護師さんに感謝した次第です。

 さて、今日の本題は新型コロナをめぐる国際比較です。
アジアの先進国の日本がコロナを抑えられないのに台湾、韓国、ベトナム、豪州、ニュージーランドなどが抑え込みに成功していること不思議ではないでしょうか?

 ワクチンについても自主開発に成功しているのは米国、中国、ロシア、インドです。ベトナムは現在臨床試験中で第3四半期を目途に国内生産開始を見込んでいる。 
 日本がワクチン開発でも後進国の仲間入りしていたことは不思議でビックリ
もちろん経済が全地球的になっている今日、感染ゼロということは難しいことは理解できますが抑え込みに成功している国とますます悪くなっている日本との違いはどこにあるのでしょうか?

 環太平洋地区でコロナ問題を語るときに欠かせない国の指導者は日本の安倍晋三元首相と現首相の菅義偉官房長官、韓国の文在寅(ムンジェイン)、台湾の蔡 英文((さい えいぶん)、中国の習近平、ニュージーランドのジャシンダ・アーダーンなど下の写真の人たちです。(クリックすると大きくなります)

各国首脳.PNG

 成功組の指導者は韓国、台湾、ニュージーランド、豪州、ベトナムなど。失敗は日本、トランプ時代の米国、米国はトランプから現大統領のバイデンになってからワクチン接種の大規模実施で成功しつつあります。(明日に続く)



nice!(0)  コメント(0) 
前の30件 | -